So-net無料ブログ作成
検索選択

ニセ科学で「儲ける」ひとたち [世間]

これまでいくつかのエントリで考察を重ねて来て、ニセ科学なり「水商売」なりに「お金を貢ぐ」ひとたちの横顔は見えて来た気がする。でも、それで「儲けている」ひとたちはどんな姿をしているのだろう。
これはkikulogの一部の議論で多少はあらわになっている部分もあるけれど、ちはやさんの「水はなんにも知らないよ」に触れたエントリに、示唆となるようなことが書かれているのを読んだ。

わたしの知人で、よりによって自己啓発セミナーのスタッフになってしまった人物は、セミナーがつぶれると「水商売」に手を出したと風の便りで聞いた。
自己啓発セミナーの元トレーナーで独立した人物は、自分で作ったセミナーがつぶれてからは、波動に興味を持っていた。

まぁ、そう云うことなんだろうと思う。
いずれにせよ、人間の心理のメカニズムと云うか、柘植さんの云う「基本仕様」を悪用した商売には違いない訳で。

「愛と感謝」ぁ? あはは。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

柘植

こんにちは、pooh さん。

悪徳商法批判者を長い間やると、「げっ、またお前か」は良くあるのね。特にマルチ商法なんかで、どこかの会社を調べたときに社長をやっていたのが、最近流行り始めたマルチ商法の会社を調べると、そこの社長だったりとかね。商材とかも違うんだけど、マルチ商法に若者を引き込む口上はほとんど同じだったりしてね。

結局ね、一度「人の生き血」の味を覚えた者は日の光の下には出てこなくなるものなんです。私は引退してしまったのだけど、あいつとかあいつは、まだ「生き血を啜っている」のだろうなと思うと、引退撤回して戻りたくなることもあるんですよ(笑)。
by 柘植 (2007-03-06 16:58) 

pooh

> 柘植さん

なんと云うか、そんなもんじゃないかと思ってたらやっぱりそんなもんだった、って云う納得と失望の入り交じった気分です(^^;。
by pooh (2007-03-06 22:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。