So-net無料ブログ作成

スタイル [よしなしごと]

fuku33さんのこのところのエントリを読ませていただいていて、それがとても刺激的で納得がいって面白いものだったのは、多分ぼくがスタイルと云うものにとても価値を感じていて、それがきっと何かしら(一定の文化圏の中でも)普遍性を持ちうるものだ、とずっと感じ続けていたから、なんだろうと思う。で、ぼくは多少なりともいまの生業のなかでそのことを(ビジネス的に)証明したい、って感じてるんだろうな、と思った。

スタイルは、ここではカルチュアと言い換えても(ぼく的な用語としては)構わない。そこにぼくが見るのはなにかしらの集積と洗練、そして価値観と美意識。相対主義に淫するつもりはないけれど、もちろんそこには相互に認め合うことのできる多様性があるべきで。

この、認め合える、尊重し合えると云うのが、やっぱり重要な部分に思える。そうして、認めること、認められることの価値はやっぱり、個人が(または地域が)選んだスタイル、カルチュアに真摯に向き合うことから生まれて来て、組織されて、そうして強固なものになっていくのかな、なんて考える。

fuku33さんの使う「幻想」や「人工的」と云う用語にはどうしても抵抗感が拭えないけれど、もうこれはどちらかと云うとぼく個人の言語感覚に起因することで、実際のところそれは単純なひっかかり以上のものではなくて。

ちょっとだけ話は変わるけれど、何となく少し前に読んだこの本を思い出した。

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ

  • 作者: 高城 剛
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 新書

書評も書かなかったのは、内容がすっきりと腑に落ちなくて咀嚼しきれなかったからだけれど、でもこの本でもスタイルに基づいたブランディングについて語られていて、その部分だけはなんとなく納得した。

それだけ文化には人間の消費行動を左右する力があるということです。日本の消費者も、そういう世界に入っていくのがこの頃の趨勢でしょう。

そうあるべきだし、そうあってほしい、と思う。そうあるためには矜持や(ブクマコメントにあった)気概が必要になるだろうけど。でも、矜持や気概なしに何を成し遂げることができるって云うんだ、とも思うのだった。

(ついでに云うと、このエントリの最初で「一定の文化圏の中でも」と書いたけれど、いまはもう文化圏そのものがいつでも互いに容易に侵犯しあうことのできる時代になっている、とも思ってたりする)


タグ:社会科学
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

fuku33

poohさん、メールを出させて頂きましたが、例の件、あれは全くの誤解です。誤解を招く表現をしてまさにすみません。
by fuku33 (2007-04-25 16:03) 

pooh

> fuku33さん

あぁ、誤解だったのですね。よかった。
いや、一連のやりとりはどうしても気分的な負い目があって(だってただで学校の先生に質問に答えてもらってるのと同じですもの)。

今後ともよろしくお願いします。
by pooh (2007-04-25 18:48) 

fuku33

メール、アドレスを間違えていたようで、いまもういっぺん出しました。すみません、お騒がせしました。
by fuku33 (2007-04-25 20:46) 

fuku33

僕はずっと「なんでそんな変なこと考えつくんだ」と怒られて生きて来たので、ずっと自分のいうことは非常に偏った主観的な説だと思っています。だから「先生」と呼ばれてもピンときませんし、むしろ自分の異端邪説を真面目に読んで批評して頂けるとなにか有難い気がします。

「大学で経営学の講師をしている」みたいな肩書が先行してしまうと、早速「学者のいうことなんて」というきまりきったパターンで返されたりするので、世の中の肩書を見る人達ってつまらないですね…。僕はブログでは自分にとっても面白くなければエントリを書く意味がないと思いますし、あまり正しいとは思えないことをおっしゃる学者もたくさん見知っているつもりなので、ただ自分の思いつきを書き連ねようと思います。
by fuku33 (2007-04-25 22:38) 

pooh

> fuku33さん

ぼくはfuku33さんのお書きのことが異端になるとは少しも思えなくて(まぁ生活者の実感だけに依拠した感覚ですが)。ただ、一定の「方法」に乗せるのは難しいだろうなぁこのアプローチ、と思いつつ、でもそう云う「方法」をどうしてみんなして無視してこれたんだろう、それって単に難しそうだから回避してたんじゃないか、みたいに思うこともあります。

だから、ぼくみたいな人間からすると本当に面白くて、刺激的で。
いち地方都市の住人として、これからも勉強させて下さい。
by pooh (2007-04-25 22:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。