So-net無料ブログ作成
検索選択

ネット・マーケティング [余談]

昨日のエントリで、久しぶりに田崎教授の「水からの伝言」を信じないでくださいにリンクした。で、ついでに気になったので簡単に調べてみた。

「水からの伝言」で検索をかけてみる。本日現在(2007年7月25日 JST)でYahoo! Japanで4位Googleで3位MSN Live Searchでなんと2位。上位はもちろん本山およびそのごく近い周辺が表示されるので、これはほぼ事実上検索結果トップってことだ。Yahoo! JapanとGoogleの順位は、Windowsユーザがよくやるようにブラウザを全画面に広げて表示させると、XGAのモニタなら検索結果の1ページ目にスクロールなしの状態で表示される。SVGAでも1クリックの範囲だ。つまり、「水からの伝言ってなんだろう?」と思って検索したネットユーザの眼に、「『水からの伝言』を信じないでください」と云うサイトの存在はまず確実に触れる、と云うことになる。

ついでなのでPageRankも調べてみた。ここはネットマーケティング系ブログではないのでPageRankについて簡単に触れておくと、これはGoogleの使うサイトのランク付けのためのアルゴリズムのひとつ。計算式はややこしくてぼくには理解できないのでwikipediaでも参照してもらうこととして、この数字は「リンクが多いほどスコアが高い」「そのリンクもPageRankが高いサイトからのリンクほどスコアが高い」と云う算式で0から10までの点数がつけられる。ちなみに全サイトを10等分してランキングしているわけではなくて、上位評価を与えられるサイトは対数関数的に減少していく(日本国内のサイトでPageRank10を獲得しているのは、今も昔もJunet発祥の地である慶應大学だけだったはず。Yahoo! Japanトップページで8だ)。
要するに「引用の多い論文ほど価値が高い、価値の高い論文から引用の多い論文はもっと価値が高い」と云う理屈。まぁGoogleの思惑やいろんな事情があって、いまはそれほど精度の高くない、参考以上の価値のない数字になってはいるけれど。

で、「『水からの伝言』を信じないでください」はページランク5。さすがだ。これがどれくらいのものかと云うと、学習院のトップページも学習院大学のトップページも5。すごくアクセスが多いと思われるkikulog事象の地平線さまき隊的科学と環境と仕事と遊びがどれもPageRank4、と考えると、ひどく緩い目安ではあるけれど、このサイトのネットにおけるプレゼンスの水準が分かる(ちなみにここはPageRank3。まぁこんなもんだよなぁ。ちぇ)。

逆に云うとサーチエンジンも面目を施した、ということも出来る。
まぁ悪い方に考えると、すぐに「人間の身体の70%は水分だからどーたらこーたら」とか云いたがるみなさまは、自分でなにか書く前にそのことについて検索してみて調べてみる、と云うことさえしてない可能性が高い、と云うことでもあって、そこはうーむ、なのだけど。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

pooh

百度(中華サーチエンジン)で検索してみたら本山を抑えてトップでした。

http://www.baidu.jp/s?wd=%E6%B0%B4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%A8%80&cl=3&tn=baidujp&ie=utf-8

と云うか本山が反ニセ科学文書に包囲されている(^^;。
by pooh (2007-07-26 23:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。