So-net無料ブログ作成

価値観と指標 [よしなしごと]

福耳さんのドライバーの道義と云うエントリを読んだ。で、ちょっと思い出した。

つまり、ガソリンの代わりにエタノールでドライブすることが直接的に貧しい人々から食糧を奪っておるのではないか?と言われて、後ろめたくないドライバーというのはいるもんでしょうか。

まぁ、いるのだと思う。

自分の快楽がなによりも優先する、と云う倫理観は、そうそう簡単には獲得できない。自力で獲得できる視点に基づいて、そう云う価値観に到達するのは難しい。誰でもが、生身の人間だから。どこかが壊れていない限り、ある程度はひとの痛みを自分に置き換えて考える能力を持っているから。

でも、その辺りの、なんと云うか血のぬくもりのある生臭さみたいなものを完全に脱臭して、強力に抽象化する仕組みがある。

マネー。

だれかを蹂躙して、その生き血をすする代わりに、ぼくたちは投資をすることができる。マネーゲームと云えば昨今のこの国では堀江貴文や村上世彰のやらかしたひどくださくて露骨で洗練されていないやりくちを想像するけれど、あんなむきだしのやり方をしなくてもぼくたちはもっとお上品に、良心の呵責から自分を簡単にエスケイプさせることのできる方法をとって、世界から収奪を行うことができる。

でも、マネーと云うものがなにを抽象化したものか、それは何の象徴なのか、と云うことはわきまえておくべきだ、と思う。それは、それこそ人間として。

思い出したのは、この小説。

リスクテイカー (文春文庫)

リスクテイカー (文春文庫)

  • 作者: 川端 裕人
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2003/10/11
  • メディア: 文庫
マネーゲームを扱った小説は、大抵の場合程度の低い麻雀放浪記の亜流に堕す。結局そこで勝つのは、倫理的に正しく、技術的に優れたギャンブラー、と云う話になるから。それは残念ながら、奥田石田衣良の波のうえの魔術師でさえ例外ではない(小説としてはとても面白いのだけれど。ファンとして、奥田石田氏の小説の多くが結局のところファッショナブルなだけの代物かもしれない、と云うことを指摘するのは辛いことだ)。でも、「リスクテイカー」は、結局のところマネーと云うものはなんなのか、なぜ人間はそんなものを作り出して、それはどんな意味を持ちうるものなのか、と云うことにアプローチしている。その、抽象化作用と云うものに対する違和感からも逃げていない。

ぼくは若い頃に、その違和感を体験として持つ。
ささやかなものだけれど、社会人になった1年目に、自分の年収の1,000倍のギルダー債について、(多分当時のアムロ銀行相手に)"done"の言葉を発声した瞬間の感覚。

ぼくたちのこまごまとした市井のスケールを超えない努力も、アイディアも、いくらでもキャピタルマーケットに簡単に吸収されてしまう。それは根本的には愚かしいことだと思うのだけれど、その愚かしさをどこかで自覚し、自分たちがそう云うものにきりきり舞いさせられている現実を認識できないと、リアルな人生と世界を一面絵空事に支配させてしまうことに繋がるのではないか、と思う。

ぼくは誰かの役に立って生きていきたい。それが最低限のモラルだ。実践は難しいかもしれないけれど、そう思う。


タグ:社会科学
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 6

NO NAME

石田!石田!奥田じゃなくて。
by NO NAME (2007-11-19 11:02) 

pooh

> NO NAMEさん

ご指摘ありがとうございます。修正しました。

多分日頃から「石田衣良ってペンネームは奥田イラからヒントを得ているんじゃないかなぁ」とか思っていたので、間違えちゃったみたいです。すみません(と云うか奥田イラなんて漫画家の名前、もう誰も覚えてないよなぁ)。
by pooh (2007-11-19 12:02) 

Gasket

村上くんに
ひどくださくて露骨で洗練されていないやりくちと?
by Gasket (2007-11-19 15:23) 

pooh

> Gasketさん

当時ぼくはそう感じました。
by pooh (2007-11-19 21:52) 

福耳

僕の根拠なき予感ですが、世間がはっきりと自覚的に「正義」を消費する時代になりつつあるように思います。そのときに、「消費者の正義感を充足する」ことを機能要件とする「正義商品」というコンセプトが理解されると思うのですが、商標登録しておけないか、などと夢想しております。

石田衣良は、面白いような青臭いような、不思議なリリシズムを作品化することをうまく見つけた、最初は「ニッチ作家」だと思われそうですが実は結構、時代を象徴する小説家なんじゃないかと思っています。あの人の産業観は、実は僕は結構同感です。
by 福耳 (2007-11-21 20:53) 

pooh

> 福耳さん

正義は商品として考えた場合、背景に特定の文化を背負った上で価値が決まる、と云う点でご専門のラグジュアリー商品と重なる部分があると云う気もしますね。

石田衣良はその時点その時点での時代認識を背景に、きわめてまっとうで保守的な価値観を提示する作家だと思っています。なんと云うか、時代から正確に半歩遅れている、と云うか(これは随分な才能だと思います。作家と云うスタンスを考えれば、うかつに半歩ぐらい先を行ってしまうひとのほうが多い)。
ぼくはその保守性にいくらかいらだちつつも好感を持っています。
by pooh (2007-11-21 23:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。