So-net無料ブログ作成

フィギュアスケートGPシリーズロシア大会 [みたもの、読んだもの]

真央の成長を心強く思っていた。もうヨナ・キムに対してビハインドはないものだと思っていた。

甘かった。真央が追いついたところから、さらにもう一歩、彼女は進んでいる。なんだか強すぎて可愛げがない気もしないではないけどこれは明らかに贔屓目で、実際難癖のつけ場所がほとんどない(とは云えいくら何でも点数は出過ぎの気もするけど)。

しかしシビアな競技だとつくづく思う。昔F1ドライバーを形容するのに「世界で26人しか就けない職業」と云うのがあったけれど、それどころじゃなくて、見る側からすると世界のトップ6以下は全員が2軍に見えてしまう。その1軍に我が愛しのキンバリーが残っているのは嬉しいんだけれど、なんと云うか、コーカソイド最後の牙城として甘い点数を貰っているだけみたいな気もして複雑だったりもするのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。