So-net無料ブログ作成
検索選択

フィギュアスケート2007GPファイナル [みたもの、読んだもの]

とりあえずテレビ観戦のみ。そう云うわけでテレビ朝日のセレクションに基づくシングルの試合だけ見た。

個人的な好みなのか、それとも基本的な部分なのか分からないけれど、やっぱりフィギュアスケートの選手の演技を単純に素人として楽しむにあたっては、「スケートのうまさ」そのものが大きな要素だと感じた。今回見たなかではそこは女子に典型的で。

真央、ヨナ・キム、コストナー。残りの3人と比べて、この3人は明らかにスケートそのものが綺麗だ。だから演技に全体としてふくよかな流麗さが生まれて、とっ散らかることがない。ひとつひとつの要素は美しいし技巧的に高水準でも、全体としてみた場合にジャンの演技がちまちました小汚い印象を与えるのは、そこがはっきりと違うからだと思う。

フリーの第一滑走が真央。つれあいが云っていたけれど、これは他の選手にとって猛烈に嫌だろうなぁ、と思う。なにしろ、以降の選手の採点が、真央の演技を基準にして「それより上か、下か」で決まって来る。逆にここ数年ないくらいのプレッシャーから解放された状況で、真央は滑れたんだろうと思う。その割には、あまり印象に残らない演技だったけれど。真央は、ここからどこかにいけるのかなぁ。

ユナ・キムはヒールとしての要素を完璧に備えている、と云う印象を持った。悪役ならではの安定感、強さ、そしてベビーフェイスには持ち得ないような、スケールの大きな優雅さ。ひとつひとつの要素が高水準なのにどれも突出した印象を与えないので、今回のようにミスの目立った大会においても、真央の演技でさえ比べれば粗く見えてしまう。
なんだかクラシックな少女マンガにおけるヒロインのライバルのようなひとだなぁ。

で、そう云うなかに混じってしまうと我が愛しのキンバリーは明らかに見劣りしてしまう。ひとりだけ去年と同じところに留まっているように見えてしまうのだ。もうピークアウトなのかなぁ。

高橋大輔は、男子のなかではひとりだけ別の場所にいるように見えた。ジョニーがついてこない状況では、同じステージでは誰も挑んでこない。年齢はともかくエヴァンもステファンも、どうしても前の世代のスケーターに見える。もっと高みへ、を期待したくなる。
ところで男子の演技を見ていて微妙なのは、やはりそこに「王様の不在」が感じられるからなのかな、とか思ったりする。なにやってるんだ皇帝エフゲニー1世。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。