So-net無料ブログ作成
検索選択

チャーリー・ブラウンに問いかける (「チャーリー・ブラウンなぜなんだい?」シュルツ) [ひと/本]

このあたりとかこのあたりとか書いていて、どうしても現場の看護師さんたちの気持ち、と云うのに思いを馳せる。馳せたからと云ってぼくごときにそれが十全に想像がつく範囲内にある、とはまぁ思わないんだけど、そうするとぼくは看護師さんたちの思いから生み出された一冊の絵本を思い出す。



まぁシュルツを知らないひとはいないでしょう。
その、ひとや世界の残酷さ、理不尽さに対する深い締念と、それを踏まえて生じてくる優しいまなざしとか。

この絵本もその残酷な現実をきっちりと描いてから、もちろんハッピー・エンドで終わる。そうでないと、多分読み手であるぼくたちが耐えられないから。こんなエンディングが準備されていない、おなじような話が、現実にはたくさんあるはずだ。

ライナスが「なぜなんだい?」と問いかける相手は、チャーリー・ブラウンだ。もちろん答えは返ってこない。
チャーリー・ブラウンが持っているのは、一緒になって苦しみ悩んでくれる誠実さと、底なしのこまやかな優しさだけ。そこから、わかりやすい望んだ通りの回答なんて返ってこない。そのことを分かっていて、ライナスは問いかける。その意義を、ライナスは知っている。

そしてたいていの場合、ぼくたちの身近にはチャーリー・ブラウンはいない。そして多くの場合、わかりやすい答えを返してくれないチャーリー・ブラウンに問いかける(自分自身にとっての)意義を、ぼくたちは理解しなくなっている。どちらが原因でどちらが結果なのかは、分からないけれど。

チャーリー・ブラウンであろうとすることは、多分、江原啓之であろうとすることよりもよほど辛いと思う(尊敬も収入も得られない)。そして、チャーリー・ブラウンに問いかけることも、また、辛いことだろう、なんて思う。
タグ:書評
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

mohariza

私は、霊魂やあの世に救いを求める生き方はしたくはありません。苦しい世の中でもがいて、そこから解決(策)が生まれると思っています。

(但し、そのような世界に救いを求める人をあえて、糾弾する気はありません。それは人それぞれで、私には理解できないことでも、その人が救われるなら、それはその人の生き方だと思っているからです。)

江原啓之の番組は、たまたま流れた時に見ることはありますが、そのしゃべっている内容を真剣に捉えようと思ったことはありません。

チャーリー・ブラウンの生き方、<一緒になって苦しみ悩んでくれる誠実さと、底なしのこまやかな優しさ>の人は、現代人の中では、数少ない存在になったと思います。自分のことで精一杯で、人のことを真摯に受け止めて、聞いてあげる余裕を現代人は失っています。

私は、人から「解決策」は与えられないと思っています。

但し、聞いてもらうことで、<一緒になって苦しみ悩んで>で貰い、愚痴等自分の本音を真摯に受け止めてくれ、自分を振り返る切っ掛けをその時持ち、自分で解決するヒント(ヒントは聞いてくれる人からだけでなく、愚痴を喋っている自分からも出てくるように思えます。その方が真の解決策になると思います。)を与えてくれる人が、シュルツの描くチャーリー・ブラウンであり、真の親友だと思います。

by mohariza (2008-03-15 18:10) 

pooh

> moharizaさん

ご存知の通り、チャーリー・ブラウンは果てしなく無能な男の子です。ライナスやシュレーダーみたいな天才ではないし、抜きん出た力をなにも持っていません。
でも、スヌーピーをはじめとしたシュルツの作中人物(と云うかこどもたち)はその小さな世界の中で、彼の赦しのなかで暮らしています。

チャーリー・ブラウンは愚かでも、大事な力を持っています。嘲笑を浴びながらでも、そうあれればな、なんて思ったりもします。
by pooh (2008-03-15 18:36) 

Jem

アメリカ人にとって「理想」の息子像はチャーリー・ブラウンだっていう話を昔どこかで読んだことがあります。
弱小野球チームのピッチャー(ファーストは女の子で外野は犬!でしたっけ?)だけどめげずにくじけずに、ひたすら前向きに。責任から逃げない。
日本人にとっては「磯野カツオ」でしょうかね。

ところで。カエルのエサはハエなのですね! 壁に止まったのに仰天。
いやぁ、よくできてるわぁ。

by Jem (2008-03-15 20:38) 

pooh

> Jemさん

チャーリー・ブラウンを「下町の小悪党」磯野カツヲなんかと一緒にするない! ぜぇぜぇはぁはぁ。

> めげずにくじけずに、ひたすら前向きに。責任から逃げない。

でもやっぱりだめ、なんですけどね。
エントリの本論とは離れてしまうので突っ込んで論じることはしませんが、ピーナッツのこどもたちの関係や立ち位置をギリシア神話とか北欧神話みたいな多神的な構図で捉えると、彼は間違いなく主神なんですよ。どんなにだめでも、それは揺るがない。

マデくんは同時にたくさんハエを与えてあげるとかわいいですよ。どれを食べようか目移りしたりするし、そうなると舌が空振りしたり、頭上をハエが通過するのを見逃したりするし。しかしみなさんに妙に愛されてるなこのカエル。
by pooh (2008-03-16 06:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。