So-net無料ブログ作成
検索選択

弱くあることのできない、弱さ (「ステーシーズ―少女再殺全談」大槻 ケンヂ) [ひと/本]

久しぶりにオーケンの小説を読んだ。

ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫 (お18-16))

ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫 (お18-16))

文庫が出ているのになぜかAmazonでは単行本しか載ってない。上は単行本。(6/7 上記リンク先の相違に気付いたので修正しました。文庫版は書籍タイトルから違うのね)

近い世代でそれなりに名前の残っている人間があまりいない状況で、大槻ケンジはちょっと珍しい存在だ。でも、その立ち位置はちょっとばかり微妙で。なんと云うかぼくの世代の「駄目さ加減」を体現しているような。

オーケンはその駄目さから目を反らさない。多分、反らせないのだと思う。
自分にそう云うふるまいを赦す無神経さは、一面、やはり強さだ。生きていくための。多分、彼はその強さを持ち合わせていない。だから多分ずっと自分が「次に死ぬリスト」に載っていることを自覚して、意識しているんだろう。

その弱さは、持ち合わせたもので、仕方のないもの。自分を取り囲む世界が絶え間なくその弱さを責め立ててくるのも、仕方のないこと。
表現者、と云う立ち位置を選んだことで、彼はそのことから目を反らすことができなくなった。自分を傷つける表現から、身をかわすことができなくなった。そう云う「強さ」を、選ぶことができなくなった。

この小説が一般的にどのように読まれているものなのか、ぼくには皆目見当がつかない。ここには残酷な世界がある。それはオーケンやぼくたちをいまゆるやかに包んでいる世界の残酷さと、多分本質的には変わりがない。それが剥き出しになる切片が現出しているか、それともかろうじて薄い皮膜の向こうに見えているか、だけの違いしかない。

同世代に、そこから目を背ける強さを持たない表現者を持ったことは、幸運なのかどうか。
漠然とでも確信できる信頼感は、あまりに頼りなくて、なんの役にも立たない代物だ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

FSM

こんばんは。
オーケンの話題なので、のこのこと出てきました。(^^;;

私はこれは長田ノオト氏によるコミック版の方しか読んでないんですが、なんというか、切ない話ですよね。もっと言えば曲の「再殺部隊」が好きでよく聴いていて、その後古本屋で本になってるのを知った、というクチですが。沖縄戦で身内を泣きながら殺した、というエピソードとオーバーラップしながら読んでました。
この話に限らないですけど、設定は無茶苦茶なのに、どうしようもなく切ないという状況を表現するのがうまいですよね。しりあがり寿にある意味通ずると言うか。

オーケンの書きものとしては、小説よりも「のほほん」シリーズのようなエッセイの方が好きなんですが、そういうのを読むと、彼は実に冷静に人間を観察してるなあと思います。そこからさらに自分の駄目さ加減を飄々と照射したりしてますが、妙に共感します。

もっとも、最近のオーケンは高級外車乗り回して開き直っちゃったりしてるので、ファンとしては悲しかったりもしますが、まあ彼にとっては苦しみからの解脱を達成したのかもしれません。(^^;;
by FSM (2008-06-02 01:09) 

pooh

> FSMさん

なんと云うか、哀しくて、滑稽で、切なくて、駄目で、みたいなのを表現するのがうまいですよね。と云うかたぶん、うまい、と云うのは違ってて、そう云う現実の認識のなかで、そう云うことをそのまま表現する、と云うか。今回取り上げた小説みたいなハードな話でも、のほほんエッセイでも、多分基本的にはそこいらあたりはあんまり変わらないような気がします。

> 高級外車乗り回して開き直っちゃったりしてるので、ファンとしては悲しかったりもします

どうでしょうねぇ。憶測ですけど、本人にとっては違和感ばりばり(で傍からみると間抜け)なのをわかってやってるんだと思いますよ。こう云うのをギャグと云うのかどうかは微妙な辺りだと思いますけど。
by pooh (2008-06-02 07:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。