So-net無料ブログ作成
検索選択

野狐禅 [世間]

ここでの議論とも関係ある内容なので、dlitさんのニセ科学に対する人文系的コミットメントと云うエントリに言及。

まず人文系・理科系と分類することは、問題に対峙することそのものにおいてはそれほど決定的な意味は持たないのだ、と云うのは前提として。

ずいぶん昔の議論になるけれど、「なんで菊池誠のような物理屋が倫理・道徳の問題だの教育の問題だのに口を出すのだ」みたいな主張があったりしたことがあって(多分kikulogを掘れば当該の議論のあるエントリも見つかるのだろうけど、ちょっとパス。多分もう2年とか前の話になると思う)。

でもこれ、とりわけ「水からの伝言」みたいなのを題材にすると、避けて通れない部分ではあって。そこの部分の問題の所在がはっきりしているのに、専門外だからまるでそれが存在しないようにふるまって、問題を例えば「科学から見たにせもの」と云うようなところに限定して論じる、なんて云う器用な主張の仕方はそもそもできない。

でもそれでも自然科学者は自然科学者で。アカデミズムのなかにいればまぁ教育者でもあるわけだから他人事ではないにしても、そのあたりは例えば教育問題については教育学アカデミズムと云うのがあるはずだからそっちのひとのほうが詳しいだろうし、そっちのひとにとっても相当大きな問題のはずだし。「ことば」の問題だとして捉えれば、文学者にとっても問題なはずだし、みたいな部分から出てきた話で。その辺りのひと、なにやってるんでしょうね、どんなふうに思ってるんでしょう、みたいな。
そもそも、各学問にはそれぞれ取り扱える対象がおおよそ決まってます。
結局のところ、もともとはこう云う部分から始まった話だったりする。

言及先エントリでは人文系のアプローチをする場所のひとつとしてここを挙げてくださっているけれど、ぼくのアプローチなんてしょせん素人と云うか野狐禅で、ある程度専門的な知識をお持ちのかたにとっては噴飯もののことも多分たくさん書いている(と思う。指摘されないとわからないのも哀しいところ)。で、この世に人文系のアカデミズムと云うのが存在するのだから、その辺りの方々の知見や思考の成果をできるだけお借りしたい、と云うそれなりに切実な個人的環境についての謂が、ぼくにとっては人文社会科学系のコミットがあまり無いよねえと云うような云い方につながる、と云う、まぁ云ってしまえばそれだけの話だったりもする。
ただ、
あまり無理強いはできないところでしょうしねえ。
と云うのも事実と云うか現実なので、まぁ結局「手伝ってくれい」みたいにわめき散らすところで終わってしまうのだけどね。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 6

きくち

うちであったのは逆で、「きくちは科学の話ばかりするが、道徳のほうが大事だと思う」みたいなことを言われて、怒ったのですよ。
僕らはそもそも「水に言葉を習うなんていう考えは、そもそも道徳の教材として問題である」という話から出発しているので。
科学としておかしいことくらい、科学者には自明なので、そもそも議論する必要すらなかったはずなのね。

何度でも書くけれど、「物質科学に道徳だの言葉だの躾だのを学ぼうと考えること」がまったくの間違いなわけで、それがこの問題の最大のポイントだと思います。「仮に物質科学として正しかったとしても」ですよ


by きくち (2008-06-21 18:55) 

pooh

> きくちさん

ありゃ、そうだっけ。でも意味合いは変わらないよね。

> 何度でも書くけれど、「物質科学に道徳だの言葉だの躾だのを学ぼうと考えること」がまったくの間違いなわけで、それがこの問題の最大のポイントだと思います。「仮に物質科学として正しかったとしても」ですよ

最大かどうかはともかく、重要なポイントのひとつであることに同意します。
by pooh (2008-06-21 19:11) 

TAKESAN

今晩は。

ちょっとエントリーの趣旨からは、はずれますが。

前、自分の所とkikulogで、『ニセ心理学にだまされるな』という本を紹介しました⇒http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4496043637/

この本はとても良くて、きちんとクリティカル・シンキング的な論点も押さえられていました(参考文献もそちら方面)。きちんと、実証的な観点から丁寧に見ていく、という。

これなんかは、心理系からのアプローチとして興味深いですね。
どちらかというと、心理学方面の人は、疑似科学的な所に目を向けている気もします。心理学自体、どういうパラダイムが正当か、という論争の歴史だった、という面もあるので、科学哲学的な議論も盛んなようですし。

ただ、水伝やゲーム脳に関しては、私の知る限りでは、あまりアプローチは見られませんね。坂元章氏がゲーム脳を批判しているのはありましたけれど(坂元氏の批判は、この上無く慎重で穏当で妥当で、素晴らしいものです)。
これはまあ、興味を持って欲しいな、という願望に近いものですね。教育や臨床にも関わる結構重大な問題なので、もっと関心を持たれても良い題材ではないかな、と思っています。
by TAKESAN (2008-06-21 19:25) 

きくち

ひとつの文章に「そもそも」を三回使ってしまった。推敲しないにしても、しなすぎでした。反省

by きくち (2008-06-21 19:43) 

pooh

> TAKESANさん

おぉ、これは面白そうです。
図書館に行く機会を作らねば。

ぼくは実際の心理学には疎くて、いくらか親しんだことがあるのはそれこそ疑似科学とか云われるユング(via河合隼雄ほか)くらいのものなのですが。ちなみに分析心理学とかは、そもそもニセ科学とか疑似科学とか云う問題ではないだろう、みたいに思ってもいて、じつはその点でFinalventさんにはほんとうは同感だったり(とは云えあの適当な云い方は大量の誤解を招きうるのでやっぱり問題だ、と思ってますが)。

だからじつは心理学が水伝とかゲーム脳とかをターゲットとして扱いうるのか、よく分かりません。でもこの辺り、俗流心理学との親和性も高そうだし、ターゲットにはなり得るよな、みたいな気もします。もはや忘却の彼方になりつつある、斎藤環の茂木健一郎への問いかけみたいに。
by pooh (2008-06-21 22:09) 

pooh

> きくちさん

ぼくも本日某所で、コメント2回の間に「ストレート」と云う言葉を3回も使ってしまいました。読み返して慌てた。
by pooh (2008-06-21 22:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。