So-net無料ブログ作成

共有されるもの [世間]

先週になるけれど、こちらで言及させていただいた深海魚さんが、スピリチュアルとか、ネットワーク商法とかと云うエントリで、第32回 東京すぴこんのレポートをお書きになっている。

スピリチュアル・コンベンション(要するにスピリチュアル商売の見本市)と云うものの存在はなにか漠然と知っていたように思うけれど、今回深海魚さんのところ経由でサイトにアクセスして、「出典出店ブース一覧」とか眺めてみて不思議な気分になった。これ、ブース同士で宗教戦争とか起きたりしないのか。しないんだろうなぁ。少し前に触れた阿部敏郎さんのような、ぼくなんかから見ると自然な議論をするスピリチュアリストのほうが、あまり見かけないもんなぁ。
代替医療や健康食品が疑似科学の形をとって現れるのは科学主義と表裏一体だ、という仮説を考えた
このあたりの「ニセ科学は漠然とした『科学に対する信頼感』みたいなものに立脚している、のではないか」と云う議論はなんとなく繰り返し出て来ていたりする(どこかの場所で集中的な議論があった、と云うわけではないので、ここでは話が出た複数の場所にリンクしている亀@渋研Ⅹさんの【メモ】消化不良:科学への信頼とかと云うエントリにリンク)。考えてみるとニセ科学が科学を詐称するメリットって、本来その辺りにあるんだろうし。

で、漠然と把握されている「科学的」と云う言葉が、なんとなく「事実」とか「真実」とか云う意味だけを持つ紋切型として流通する。そのもとの意味は忘れられたまま、と云うか、関心を持たれないまま。これ、ことばの本来の意味に対して拡大しすぎ、と云うかある意味買いかぶりすぎなんだと思うのだけど。
科学風味の説明、というのは外部の人とコミュニケーションするのに最低限必要な「共有されていることば」の役割を果たしているのかもしれません。
多分その共有のされ方が問題なんだろうな。と云うか実際のところ、それはそのことばについてのなにを共有していて、その共有された認識に基づいてなにをコミュニケートしていると云うことになるんだろう。・・・みたいなことを云うと、たいていこちらの共感能力や納得力の不足を非難される帰結になるんだけど。不思議だ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

TAKA

こんにちは。すぴこんは知りませんでした。不思議な世界ですね。
すぴこんの出展ブース一覧を見ていると、「カラーキューブ」という物体の写真を発見しました。何故か、水羊羹を食べたくなりました。
セレブA「全体的には、占い系統の物が多いみたいですわねえ(-_-。」
セレブB「そうですわねえ(^^。機械系は、無いですわねえ(^^。」
と思いきや、「波動測定で、細胞とオーラがピッカピカ♪」orz。
さらに気になる、「トラウマの解除」。…これは(-_-;ウーム。あまり深く考えない方が、身のためかしら?
~~~~~~~~~~~~~~~~~
>科学的な言葉とコミュニケーション

考えてみました。(長いネタです)
「フワフワした心の世界も、実は科学的な根拠が有るのですわ。」と人から聞けば、安心できるのかも知れませんね。未知なるスピリチュアルの世界に、これから踏み込もうとする人ならば。

共有するのは、「寂しさ」かな。説く人の、「あなただけじゃないの。悩んでいるのは。みんなも一緒よ。」という言葉が欲しい訳ですね。

説く人「この世に生まれたのは必然で、他人はあなたを必要としているのよ。」
私「聞いてよかった。やはり私がここに存在するのには、深い意味が有るのだわ。」

説く人「誰もがみんな、見えない量子の世界である『ディラックの海』で、真空エネルギー的に繋がっているのよ。私とあなたも。あなたと彼も。彼と妖怪スネコスリも(注:決して、ただのネコとか犬とかでは無いです)。」
説く人「この繋がりを、高次元の世界に成っても失わないよう、今から強固にしなければ成らないのよ。」

私「この世界はいずれ、高次元に成るのね。どうすれば良いの?」
「大丈夫。『科学的にどうなの?その説明。』とか考えず、ひたすら心を磨きなさい。あ、そのスカルグッズ?今なら9割引きで、大変お得よ♪」

こうして「科学的」という言葉は、商売用語に高次元化したのであった。(完)
by TAKA (2008-09-27 08:09) 

pooh

> TAKAさん

> 「トラウマの解除」

あががが。もうなんて云ったらよいやら。

> 私とあなたも。あなたと彼も。彼と妖怪スネコスリも

よ、妖怪臑劘?(わぁ。ことえりが一発変換した。びっくり)

いやまぁ、考え方としてはありだし、スピリチュアルを否定する気もないんです。ただなんか、不思議だなぁ、とかいろいろ思って。ぼく的には天使の助力をあおぐブースと仏様の慈悲に縋るブースがなんで同居できるのかよくわからないです。

> 『科学的にどうなの?その説明。』とか考えず、ひたすら心を磨きなさい。

これもありなんですよ。ただ、当たり前ですがそれは(とくに非難のニュアンスは無いですが)非科学的、ですよね。
非科学的でもオカルトとしての筋が通っていて実効性があって真摯なら、それはそれでいいのになぁ。用途さえ間違えなければ。
by pooh (2008-09-27 12:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。