So-net無料ブログ作成
検索選択

アンビバレント(ではたぶんない) [余談]

チェ・ゲバラについての映画が2本、公開になる。

映画『★CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』公式サイト

当然、両方見に行くわけ(つもり)だけれど。この映画について、深町秋夫さんのゲバラという踏み絵と云うエントリを読んだ。

チェについてはここでも何度か書いたことがあって(こことか、ちょっと関連薄いけどこことか、ほかにも)、要するにぼくは彼の、通俗的ないちファンで。無駄にハンサムなルックスも、現実味はともかくとしてその思想も、それをあっけらかんと直接行動で実践しようとするナイーヴさも、とりあえずそのあいだにお姐ちゃんを口説く俗世間的な部分も、ぜんぶひっくるめて。
だからTシャツも欲しいし(持ってないけど)、評伝や著書も読む。モーターサイクル・ダイアリーズも見た(モーターサイクルなんてちょっとしか出てこないじゃん、と云う話もあるけど、原作の題そのままなのでしかたないと思う)。
なんだか、それだけ盛りだくさんな要素を抱え込んだ存在なわけだ。少なくともぼくにとっては。
で、ゲバラの映画なわけなのだが黒い予想をずばりしてしまう。映画自体はさっぱりヒットしないけれど、関連商品だけは飛ぶように売れる。そんな事態に100ペリカ賭けたいなと思う新春である。
なんかそうなりそうな気はする。すごくする。で、そう云う部分はたしかにひっかかる。ひっかかるんだけどミーハーファンであると云う自覚もあるので、ひっかかる資格があるのかどうか自分でも怪しい気がする。なんか自分のなかにホリスティックな矛盾があるような気分(でも逆に、あってしかるべき矛盾がないだけ、と云う気もする)。うむむむ。

とりあえず映画は見に行く。で、かっこいいTシャツが売ってたら買っちゃうかもしれない。

余談だけど。
ひょっとしてマルコスは、こんなふうになるのを嫌ってみんなと同じ覆面をしてるのかも、とか思わなくもない。根拠はないけど。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 8

せとともこ

おはようございます。
昨日、「チェ 28歳の革命」を観てきました。
感想を書いてトラックバックしたのですが、やはり通りません残念。
亀さんのところもそうですが、言及リンクとかに引っかかるのかしらん???

いずれにしてもpoohさんにもご覧いただけ嬉しいなと思って記事を挙げましたのでお時間がおありでしたら、またご覧くださいね。
http://ts.way-nifty.com/makura/2009/01/post-f541.html

では、またね!!
by せとともこ (2009-01-12 10:16) 

pooh

> せとともこさん

トラックバックに関するトラブルは最近多いですね。原因はわかりません。なんでだろ。

ぼくも今日観てきました。フィデル役の役者の仕草が本人そっくりだったらしくて、やけにつれあいに受けてました。
映画はチェの「自分に対する厳格さをそのまま周りにもあてはめるので身近にいると鬱陶しくてしょうがない」と云われた面もきっちり描いていて、よかったと重います。
by pooh (2009-01-12 16:11) 

黒猫亭

どうもです。

チェ二部作は、レッドクリフを観に行ったときに予告を見て、観に行こうと思いました。次の週末辺り、夜道を三〇分歩いてレイトショーを観に行くと思います(笑)。今週はレッドクリフのレビュー書きが長引いているので、行かないと思いますが。
by 黒猫亭 (2009-01-12 19:45) 

pooh

> 黒猫亭さん

帰り道にお気をつけて。

「28歳の革命」は状況的にあまり苦さがないのですが、仙台では今月末公開予定の後半は、たぶんだいぶヘヴィな映画になるんだろうな、とか思ったりしてます。
by pooh (2009-01-12 20:16) 

黒猫亭

>poohさん

漸く観て参りました。レイトショーでお安く観るつもりで出掛けたのですが、土曜で番組が変わって朝一回の上映に切り替わり、一度無駄足を踏んだものですから、本日午前中に日を改めました。

多分、ソダバーグだからこうなるんじゃないかな、と思った通りの感触で、感想は後ほど自分のところに書かせて戴くつもりです。
by 黒猫亭 (2009-02-10 15:33) 

pooh

> 黒猫亭さん

あぁ、是非。
映画評はぼくには荷が重いんです(^^;。
by pooh (2009-02-10 22:07) 

黒猫亭

>poohさん

この映画は、たとえばレッドクリフとまったく同じテーマを扱っている物語だと思うんです。ただ、その間に一八〇〇年の時間の隔たりがある為に、まったく同じ語り方では現代人の作る誠実な映画に出来ないのだし、したがってまったく同じ見方ではこの映画を語ることは出来ないんですね。その辺について上手く説明出来たら、と考えつつ、慎重にレビューを起こしてみます。

しばしお待ちください。
by 黒猫亭 (2009-02-10 23:48) 

pooh

> 黒猫亭さん

お待ち申し上げます。
by pooh (2009-02-11 06:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。