So-net無料ブログ作成
検索選択

動機 [よしなしごと]

jura03さんの謝罪します。ニセ科学批判はネット右翼と同じでしたと云うエントリを読んだ。まぁ内容としてははてなブックマークとか、そのあたりを念頭に置いて書かれたもののようなので、ぼくなんかにはあんまり関係のない内容なんだろうと思うんだけど、いくぶんかの期間ニセ科学に対する批判にコミットしている個人として、ちょっと。

まずWikipediaの「疑似科学」の項目を引いて、こんなふうにおっしゃる。
もっと自然科学者らしいものかと思ったら、なんだ、もろにネット右翼と同じじゃないか。
Wikipediaのその部分は、なんと云うか「嫌『ニセ科学批判』」のひとの編集が入っていて印象の誘導を目的に記述された部分があるので、そこで納得されてもどうか、と思う。そりゃまぁそう云う経緯でjura03さんのような立ち位置の方の感性にフィットする記述にはなっているだろうから、ご自分のご意見を正当化してくれるものとして受け入れやすいんだろうなぁ、とは理解するけれど。
で、ぼくはネット右翼と云うものがどんなものなのかよく知らないのだけれど、この言葉がネガティブなニュアンスを含ませて使われている、と云うことはjura03さんの前のエントリ、ニセ科学批判とネット右翼の共通性と云うのを読むとなんとなくわかる。まぁ、こちらのエントリもはてブのコメントについて書かれたとおぼしき内容なので、「はてなで活躍するネット右翼と云うもの」に限定した内容なのかも、とかも思うけれど。確かにはてブの100字コメントは(その実際の内容はともかく)罵声に見えるものも多いしなぁ。
ついでに云うとなんでもっと自然科学者らしいものかと思ったのか、どう云うのが自然科学者らしいと理解されているのか、と云うのにも多少興味がある。ぼくが知っている限りたいていの自然科学者はふつうに社会で暮らしている人間なので、その社会に対する理解も行動の動機もかならずしも一面的に自然科学に発端するものではない。たいていのひとはそんなに安直なステレオタイプにはおさまらない。あたりまえだと思うけど。
しかも、自然科学だけに妥協の余地がなくて、騙される人を救えるかもしれないと正義感までセットでついてくるたちの悪さ。
下で引用されているまとめwikiにも、かならずしもコミットしている個々人の動機が正義感ではない、と云うことはちゃんと書かれていると思うんだけど。

こう云うことを云われるので、ニセ科学に対する批判にコミットし続けるには都度自分の立ち位置や動機を確かめたり、表明したり、と云うのが必要になってくる部分がある。でもまぁいくらちゃんと書いても、書いてあることを読まずに正義感とか決めてかかるひとはいるので、どこかで諦めるしかない。
それはそれとして、ぼくはjura03さんのような方がこう云う文章をお書きになる動機にすこしだけ興味がある。たぶん正義感とは違うものなんだろうな、と云うことくらいまでは想像がつくけど。
間違いを指摘することの何が悪いって極め付けで笑える。
間違いを指摘することの何が悪いのか、なにが笑えるのかを具体的に書いてくれると、ぼくみたいにあたまのできが残念な人間にもおっしゃりたいことがわかるかもしれないんだけどな。
ニセ科学批判諸君の活動はネット右翼の類とは別物だと思い込んでいたが、全く同じだったとは知らなかった。申し訳ない。ここに謝罪する。
謝罪するのは勝手なのでかまわないのだけれど(求められてもいない謝罪をするのはなにかしらご本人にとって気持ちのいい行為なんだろうし、そう云う動機で行われる行為に口出しするのはそれこそおせっかいなので)、なんか漠然と「よくない行為をおこなうもの」の代表、みたいな粗雑な語義把握のもとで引き合いに出されている「ネット右翼」とやらに擬せられるのは正直気持ち悪いなぁ。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 6

TAKA

言及先の記事を見ました。その感想を書いていると、以下の様になりました。

お題:『「表面だけを見て同類と判断できる自分は偉い」は、格好が良いのか否か?』
Aさん:
「ニセ科学批判の論調は、嫌い。だって私、厳しい反論を素直に受け止められる事ほど、大人じゃないもん。」
Bさん:
「どうやら言及先の御方は、間違いを指摘する人を見ると、笑いたくなるらしい。つまりネット上での謝罪も、間違いを自覚した自分自身を笑いたかった、という事らしい。」
Cさん:
「これはもしや、『絶対自己矛盾を気にしないお気楽論者への萌芽』なのでは?」
Dさん:
「そんなに、難しい話では無いさ。単純に、自分に都合の良い解釈を選びたいのさ。自己満足に微笑む安楽椅子を蹴る内省など、誰も持ち合わせてはいないのさ。」(終)
・・・・・・・・・・・・
「迫る、分岐。過ぎる、思い込み。遠回りに、暮れた道。辿り着く、浅い理解。うなだれる私。足元に、笑い転げる一つの石。」他山の石でした。見逃す手は無いですね。次こそは、より良い道を選べるはずです。
by TAKA (2009-02-22 04:17) 

pooh

> TAKAさん

いやあたぶん、ご本人はかっこいいと思っていらっしゃるんですよ。
なんかそれ以上のことを云う気にはなりません。
by pooh (2009-02-22 07:10) 

かも ひろやす

「栄養より酸素のほうが緊急性が高いのだから、食事なんかしていないで呼吸に専念しろ」ですね。よくある世間知らずな言説です。


by かも ひろやす (2009-02-24 15:07) 

pooh

> かも ひろやすさん

実際にはそれですらないんだと思います。
こちらのエントリが正鵠を得ているかと。
http://d.hatena.ne.jp/RPM/20090222/1235297346

この方の続くエントリを読んでいると、ネット右翼にもネット左翼にもナチズムにも、このひとの気に喰わないものみんなに似てるみたいです。

ちゃんと自省しろ、と云われたり、ほっときゃいいじゃん、と云われたり。
どうしろって云うんでしょうね。
by pooh (2009-02-24 22:18) 

かも ひろやす

本当だ。私の買い被りでしたね。その後のうだうだを見てよくわかりました。


by かも ひろやす (2009-02-27 00:23) 

pooh

> かも ひろやすさん

こう、どんな意見や言説にも学ぶべきところは見出せる、と云うのは真実だとは思うんです。でも、そこに至るまでにあまりに夾雑物が多いと、手に余る。

と云うこと自体が、もっとも学べる部分かな、みたいにも思いますが。
by pooh (2009-02-27 07:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。