So-net無料ブログ作成

ほっとしたこと。 [よしなしごと]

昨日付けで日本学術会議がホメオパシーについての会長談話を表明した件についてはあちこちで取り上げられているけれど(岡崎記者に敬意を表して朝日新聞のホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話と云う記事にリンク)、その報道内容のなかでちょっとほっとした部分。

日本医師会や日本歯科医師会、日本獣医師会など6団体も談話に賛同し、会員に周知する方針だ。
これは印象に過ぎないんだけど、どうも歯医者さんにはホメオパシーをはじめとする代替医療に対して(よくない意味で)なじみやすいひとが多い印象があって。ひとの生き死にに直結しない種類の業務が多いからかなぁ、みたいな、あまりよくない筋からの憶測とかしていたりもしたので。

でまぁ、どうしてもプライオリティが下がらざるをえない部分ではあるのかもしれないけど、体調不良や病気をホメオパシーで対処される犬猫が多いらしいことについても、個人的にはそうとう引っかかってはいたのだった。
連名での文書なので同内容なんだけど(なぜかファイル名は違うけど)、日本獣医師会日本獣医学会の両方が、日本学術会議の会長談話をはっきりと支持する旨のPDF文書を公表している。
こう云う時の迅速さって大事だよねぇ。ただ、迅速なのは獣医さんばかりじゃなくて。

今日は(たぶん本丸と云える)日本医師会・日本医学会が記者会見を実施(朝日新聞による速報、ホメオパシー 日本医師会・医学会、学術会議に賛同と云う記事があがってる)。日本医学会は「ホメオパシー」への対応についてと云うページをアップしてる。日本薬理学会のサイトにも理事長メッセージとして同じ題の「ホメオパシー」への対応についてと云うページがある。
ことここに至って、各団体ともきっちりとスタンスを示さなきゃいけない、と云う点で意識が同期した、と云うところなんだろうな。もうこうなると、信奉者には行き先は陰謀論しかなくなるんだろう。それはそれで、望ましいこと、でもないけれど、まぁよくも悪くもわかりやすい。

で、たぶんぼくを含め多くのひとが懸念し、注視しているのは、日本助産師会の動向、なんだろうけどね。
nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 13

mimon

あんまり急に「追い詰める」と、連合赤軍やオウム真理教といった、悲惨な顛末を思い出してしまいます。もちろん、「終息してもらう」のは、歓迎するべきです。
by mimon (2010-08-25 23:50) 

ma03

こんばんは。
そうですね、歯科医師にはどうも多いような気がします。
ホメオパシーに限らず、オーリングや波動なども。

各会それぞれの中で広がることに対しての歯止めになるようだと嬉しいし、実際そうなりそうですね。


しかし今回の新聞と学術会議の談話の反響の大きさにはびっくりです。
以前poohさんがおっしゃっていたメディアという大砲を敵に向けたときの破壊力の強さというのを良くも悪くも実感しています。(普段は余計なことばかり流しおって、と思っていたりするんですが)
各社の中に問題意識を持っている方もいたにはいましたが、大きく報道されるきっかけが人の死であったところには悲しさも感じますね。
by ma03 (2010-08-25 23:56) 

pooh

> mimonさん

そこの部分は、もうなんとも云えないですね。
ただ、そう云った意味で集団として「追い詰められる」ようなことはないかと。
by pooh (2010-08-26 12:20) 

うさぎ林檎

こんにちは。

歯医者さんと謂えば、日本ホメオパシー振興会が「ホメオパシー的歯科医院」として紹介しているヨコハマ・ヒーリング・デンタルがありますゼ。
http://www.yokohamahealing.com/

治療方法は、「かみ合わせ治療、クレニオセイクラル・セラピー、CBS、バイオレゾナンス・セラピー、現代医学的手法、歯科材料(特に金属)の改善、デトックス療法、ホメオパシー、フラワーエッセンス」だそうです。

一応「現代医学的手法」もしてくれるそうですが、

>X線検査や、実際に歯を削るような処置において、現代医学の最新技術は優れて
>います。また麻酔薬や抗生剤は即効性という点では優れています。ただし麻酔
>薬の種類および使用量は患者さんの状態にあわせて変えていくなど細やかに対
>応していきます。また抗生剤や鎮痛剤などは極力使用せず、ホメオパシーのレ
>メディなど身体にやさしい方法で対応します。

だそうなので、拳を口に入れて歯医者に抵抗した過去を持つ私は、絶対に行きません。それぐらいなら虫歯と共に生きます。
by うさぎ林檎 (2010-08-26 12:21) 

pooh

> ma03さん

> メディアという大砲を敵に向けたときの破壊力の強さ

いろいろタイミングが重なった、と云うこともあるんでしょうけどね。
ちょっとほっとするのは、(とくに朝日新聞において)ぼくらがネットの片隅で積み上げてきたロジックと、おおきく乖離していないあたりだったりします。

> 大きく報道されるきっかけが人の死であったところには悲しさも感じますね。

死体が積み重ならないと動くものも動かない、と云うような話はこれまでもしてきた部分ではあるんですが、どこかやりきれなさが残ります。
by pooh (2010-08-26 12:23) 

pooh

> うさぎ林檎さん

> 「ホメオパシー的歯科医院」

九州の方にもあったような。

> それぐらいなら虫歯と共に生きます。

別の歯医者さんに行ってください。
by pooh (2010-08-26 12:27) 

pooh

日本歯科医師会も同意を発表。
http://www.jda.or.jp/

そして、日本助産師会も!
http://www.midwife.or.jp/
by pooh (2010-08-26 20:57) 

技術開発者

こんにちは、poohさん。

>死体が積み重ならないと動くものも動かない、と云うような話はこれまでもしてきた部分ではあるんですが、どこかやりきれなさが残ります。

やりきれないけど、「この程度の積み重なりで動いた」という見方だってできるんです。もっともっと積み重なってから、やっと動き始めた可能性さえ有るわけですからね。

by 技術開発者 (2010-08-27 17:04) 

pooh

> 技術開発者さん

> 「この程度の積み重なりで動いた」という見方だってできるんです。

もちろんそうです。
ただ、ほんとうに「この程度」なのかはわからない。実際の死体の数は暗数ですから。まぁそこの部分があきらかになることはないでしょうけど。
by pooh (2010-08-27 20:45) 

zorori

朝日の長野記者は、その後も被害例を取材しているようです。

https://aspara.asahi.com/blog/kochiraapital/entry/QfTCsj3As7

>皆さまが情報をお寄せ下さったおかげで現在、私たち担当記者は、8月11日の「ホメオパシー使用者に複数死亡例」の記事の段階よりも、多くの健康トラブル例を知っています。
by zorori (2010-08-27 22:38) 

かも ひろやす

たとえば、私たちの生活の中で普通に使われている放射線安全基準には、広島と長崎のデータが使われているんですよね。その意味でも私たちの生活の安全は死体の山の上で成立しているんです。悔しいですが、どうしようもありません。せめて死体の山から得られたデータを無駄にしないことが死者への敬意と考えることしかできません。それでも悔しさがやわらぐことはありませんが。

ことの性格は違いますが、ホメオパシーとの闘いも同じことだと思っています。

by かも ひろやす (2010-08-28 02:59) 

pooh

> zororiさん

既存のマスメディア、とりわけ新聞なんかの持ち合わせる一次情報への取材力、と云うのは、やっぱり通常人によるネットでの情報発信では及ばないものがあるわけですよね。

毎日新聞岡山の石戸記者のコラムと、それに寄せられた賛同の意見が、望ましい相互のありかたのかたちをかいま見せてくれているのかも。
http://b.hatena.ne.jp/entry/mainichi.jp/area/okayama/news/20100827ddlk33070538000c.html
by pooh (2010-08-28 06:39) 

pooh

> かも ひろやすさん

おっしゃるとおりだと思います。
「あやまちは繰り返しません」と云うことばを口にできる状況には、まだありませんけれど。
by pooh (2010-08-28 06:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。