So-net無料ブログ作成

対策 [よしなしごと]

ホメオパスでいらっしゃるLunaさんのちまたのホメオパシー騒動によせてと云うエントリを読んだ。

ホメオパシーを業務として取り扱っているかたがホメオパシージャパンのレメディ販売を停止している様子はほかにもあって(ネットショップを閉鎖したりとか)、なにかしら統一した方針が打ち出されたのかもしれないなぁ、みたいに思っていたのだけど。
このたび、ホメオパシージャパンでは、行政の指導に基づき、
ホメオパシーによる健康相談業務と、レメディーの販売などの業務を
完全に分割することが決定され、実行していくことになりました。

そのため、ホメオパスは、ホメオパスとして、センターを開設して
健康相談会を行うか、代理店の道を歩むかのどちらかを選ばなければなりません。

そして、代理店業務を遂行するにあたっては、
ホメオパシー、あるいはレメディーについて、何ひとつ説明することができません
ホメオパシーという単語すら、使用禁止!自己治癒力という言葉も禁止。
たぶんこれは報道されている東京都による立入検査(各紙が報道しているけど、ちょっと敬意を払ってasahi.comのホメオパシー効能広告の疑い 販売会社に都が立ち入りと云う記事にリンク)に関連する対応なんだろうなぁ。なんかこれ、商売上はそこそこ打撃を受けることになるのかな。「勧めていない。自分で勝手に買った」的なロジックで、ホメオパシー業者による「ホメオパシー利用者自己責任論」を強化するような方向に話が動いたらちょっと嫌だ。
ところでレメディを販売するよりカウンセリングをするほうが稼げるのかな。なんかそんな気もする。

ところでまさか、ホメオパスは処方箋は書かないよね?
nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 14

うさぎ林檎

こんばんは。

>ホメオパシーによる健康相談業務と、レメディーの販売などの業務を完全に分割する

そのようです。
・ホメオパシージャパン株式会社→レメディー等販売
・ホメオパシック・エデュケーション株式会社→専門校&健康相談
・ホメオパシー研究所株式会社→(一応)開発・製造
登記内容を変更しているみたいです(現在、登記事件中)。

>レメディを販売するよりカウンセリングをするほうが稼げる

個々のホメオパスはそうでしょうね。
ホメジャでこんな感じです。

■通常の健康相談
【時間】45~60分
【料金】大人:10,500円、小人・動物:8,400円
■由井ホメオパシー博士による健康相談
【時間】40分
【料金】大人・小人:15,750円、動物:8,400円
■応急相談
【時間】15分
【料金】4,200円
■QX-SCIOセッション
【時間】1時間
【料金】
 大人一般価格 12,600円 とらのこ会会員価格10,500円
 小人(小学生以下) 一般価格 10,500円 とらのこ会会員価格 8,400円
#現在、お笑いQX-SCIOセッションは休止中。

どの場合もレメディー等は別料金で相談中に出すとありますから、処方箋はないでしょう……明細はともかく領収書はぐらい出すでしょうが。いつもニコニコ現金払いのみなので。
・レメディー(580円~)・フラワー・エッセンス(1,480円~)
・マザーチンクチャー(1,380円~)・アルポ(2,420円)

もっとぼったくりの所もあります。
インターナショナル・アカデミー・オブ・クラシカルホメオパシ-日本校(IACH)のDr.ロバートのコンサルテーション
・初回(60分)/49,875円
・フォローアップ(30~45分)/42,000円
レメディー代が別なのは勿論、このDr.ロバートは、
>この10年間日本においてクラシカルホメオパシーの臨床経験を積み、多くの日
>本人をサポートしてきました。 Dr.ロバート以上に日本人の文化や考え方、身
>体構造を理解しているホメオパス
なのに、英語でコンサルするので通訳料/5,250円がかかります。

こんな感じなので、一部を除けばホメオパス単独の収入で生活するのは難しいんじゃないでしょうか。ホメオパスになるため、継続するための資金を回収するのは大変そうです。
by うさぎ林檎 (2010-09-15 23:06) 

pooh

> うさぎ林檎さん

> レメディー等は別料金で相談中に出すとあります

あれれ、そうなんですか。だいじょうぶなのかな。

いずれにせよホメオパスとしてカウンセリングで大儲け、みたいにはたぶんなかなかいかないし、ホメオパスの道を志すひとたちにしても、儲けよう、みたいな意識ではないんだろうとは思うんですけど。

> ホメオパスになるため、継続するための資金を回収するのは大変そうです。

NATROM先生がコストを計算されてましたね。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20100810#p1

まぁ、個々のホメオパスのかたがたは善意なり使命感なりによってなりわいに選んだ、と云う部分が大きいんでしょうけど……うむむ。
by pooh (2010-09-16 07:29) 

alpinixFromHatena

はじめまして。
参照元記事が削除されちゃっていますね・・・。
本部から「大本営でも発表してないのに末端が情報を漏らすとはけしからん!」とお達しでもきたのでしょうか?
 
一部引用をされているようですが、魚拓がどこかにあれば読ませてください。
by alpinixFromHatena (2010-09-16 11:25) 

pooh

> alpinixFromHatenaさん

いらっしゃいませ。

> 参照元記事が削除されちゃっていますね・・・。

あらら、ほんとだ。
はてなブックマークなんかもたくさんついていたので、アクセスが増えてびっくりしちゃった、とかじゃないでしょうかね。わかんないですけど。

> 一部引用をされているようですが、魚拓がどこかにあれば読ませてください。

魚拓はとってないですね。だれかがとってるかもしれませんが、ぼくは知りません。
と云うか、基本的にぼくは個人のブログの魚拓はとったりしません(エントリを引っ込めるのも管理者の判断の範疇ですし、個人レベルの言論で言質の取り合いをしたりすると泥仕合になる、と云う実例にも触れてますので)。組織としての発言の場合はべつだと考えてますけどね。
by pooh (2010-09-16 22:04) 

mimon

> alpinixFromHatenaさん
誰が取ったのか知りませんが、魚拓ならあります。
http://megalodon.jp/2010-0915-0832-46/ameblo.jp/lotus-garden999/entry-10647915439.html
poohさんが引用なさったところ以外は、たいしたことを書いていませんけれども。

ホメもさっそく、地下にもぐり始めましたか。
これでは、根絶やしにするのが難しそうに感じます。
あんなのが日本に根付いちゃうのは、とってもイヤです。
by mimon (2010-09-18 09:57) 

黒猫亭

>mimonさん

>>これでは、根絶やしにするのが難しそうに感じます。
>>あんなのが日本に根付いちゃうのは、とってもイヤです。

ただまあ、これまではホメオパシーの性格上、「日本ではまだ識られていないけど世界中の先進国で認められている代替医療技術を高感度人間がキャッチアップ」みたいな馬鹿馬鹿しい状況だったのが、今はホメ信者が一言でもそんな戯言を口にしようものなら「莫っ迦じゃねーの?」みたいな状況になっただけマシでしょう。

ホメオパシーにかぶれるなんてのは莫迦のやることだ、と謂う認識が一般化すれば、情報に疎いだけで普通の判断力を持ったニュートラルな人々の被害を最小化することが出来ます。地下に潜ったアヤシゲなセラピーにかぶれるような人々は、たとえホメオパシーが一掃されても別の何かにかぶれるようなマッスと謂えるでしょう。
by 黒猫亭 (2010-09-18 14:06) 

pooh

> mimonさん

地下に潜ると云うことは、それほどはひろがらないと云うことです。
ある種の薬物のような依存性がレメディにあるはずもないので、ぼくなんかだと、それはそれでもいい、みたいに感じたりもします。
by pooh (2010-09-18 20:38) 

pooh

> 黒猫亭さん

> 情報に疎いだけで普通の判断力を持ったニュートラルな人々の被害を最小化することが出来ます。

まずはこう云う社会的状況ができあがるだけで充分です。
あとはそのなかで醸成される「共感」みたいなものの支配を弱めることができるくらいに、そこが強化されればいいなぁ、とか思います。
by pooh (2010-09-18 20:41) 

黒猫亭

>poohさん

オレもホメオパシーが地下に潜る分には、汚染の拡大を阻止され無害化されるだけだから問題ないんじゃないかと思うんですが、それは結局、たとえば連合赤軍やオウムが地下に潜伏する場合とは違って、単なる「間違った医療理論」であるホメオパシーは「人命よりも優先さるべき概念的価値」を掲げ得ないと思うからです。
by 黒猫亭 (2010-09-18 22:08) 

pooh

> 黒猫亭さん

> 「人命よりも優先さるべき概念的価値」を掲げ得ない

そのあたりについての倒錯は現時点でも若干ながら存在してはいるんですけどね。最終的には「自己責任」を原理とするものでありつづける限り、社会的な情報のアンプリファイアを利用できなくなれば、それでいいかと。
by pooh (2010-09-19 06:39) 

黒猫亭

>poohさん

>>そのあたりについての倒錯は現時点でも若干ながら存在してはいるんですけどね。

ああ、いや、変な言い方ですが、それが「倒錯」の範疇であればアンダーグラウンド化し先鋭化しても、性格自体にさしたる変化や脅威はないわけで、アンダーグラウンド化や先鋭化が問題になるのは、たとえば思想の性格的に「革命」とか「解脱」と謂うような「人命に優先さるべき概念的価値」を掲げ得る場合じゃないかと思いまして。

何故なら、その最優先さるべき概念的価値の実現の障害となるものを除く為に、必ず「ポア」とか「総括」「粛清」と謂うような暴力手段を持つわけじゃないですか。その場合、アンダーグラウンド化すると謂うことは必ず脱法的な性格を持つようになると謂うことですから、社会の表面から見えなくなることや、脱法的存在と公的に位置附けられ組織の性格が先鋭化することはかなり危険ですよね。

しかし、ホメオパシーに関しては「海外における公許の事例」が最も大きな強みだったわけですから、poohさんが仰るようにアンダーグラウンド化することはイコール弱体化を意味するわけで、後は自滅と瓦解への一本道かな、と。
by 黒猫亭 (2010-09-19 12:23) 

うさぎ林檎

こんにちは。

ホメジャの由井寅子氏が、「病気は体のサイン!ホメオパシーを科学する」でワールド フォーラム創立30周年記念_特別講演します。
http://worldforum.jp/

先日はホメジャで船瀬俊介を呼んで講演会をしています。

>『買ってはいけない』の著者船瀬俊介さんが語る、3時間半スペシャル!
>日本人が知らない 医・食・住の真実
>知らないでは済まされない! 食、栄養、農業から建築、クスリ、癌治療に至るまで、日本人に知らされてい
>ない真実やタブーに迫る特別講演を船瀬俊介氏を迎えて開催。今、最も皆さんにお伝えしたい真実を語って
>いただきます。
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20100814_ishokujyu.php

感想を読むと結構ヨタ話を真に受けてます。この手合いが相手なら、911陰謀論も新たな顧客層を獲得するかもしれません。
でもこのやり方だと、おそらくエコでロハスなホメだと思っていたフツーの人は一線を引くことになるのじゃないでしょうか。ホメジャが求人広告に書いていた"日本のビジネスシーンに打って出ましょう"は夢のまた夢となる気がします。
それはそれで、元居た場所に戻るって事だと思いますケド。
by うさぎ林檎 (2010-09-19 13:18) 

pooh

> 黒猫亭さん

あぁ、いや、わかっていますとも。直接的な危険性をその原理に内包しているかどうか、ってことですよね。現実問題それは重要な部分です。
地下に潜ることに問題なし、とは云わないですが、でもそれはたぶん事実上滅びの道なんだと思います(おそらく、少なくともビジネス面では)。冷たく云えば、カルトなんて勝手に滅ぶんなら滅べばいい(それが集団自殺であろうが集団医療ネグレクトであろうが)、みたいな気持ちもなくもないです。それが自己責任原則と愚行権を尊重するスタンス、でもあるわけですしね。
by pooh (2010-09-19 16:10) 

pooh

> うさぎ林檎さん

こっちがべつだんひとくくりにしてレッテルを貼りたいわけじゃなくても、なんか勝手に寄り集まる、って云うのはなんでなんでしょうね(見当はつきますけど)。

> エコでロハスなホメだと思っていたフツーの人は一線を引くことになるのじゃないでしょうか。

そうなってくれれば、基本的にはそれで充分だとか思います。
ただ、あちこちに偏在する「意識的」な「目覚めた」層を取り込んで野合したあげくなんだかわからない頭数になる、って危険性はないこともないのかも知れません。笑っていられるスケールなら、笑ってやるだけですけど。
by pooh (2010-09-19 16:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。