So-net無料ブログ作成
検索選択

魔術的リアル [余談]

云ってしまえば珍記録なんだけど、本人としては(いやだろうけど)名誉、とするしかないのだろうなぁ。
なんかとてもラテンアメリカ的。
これじゃ本人がどれだけ嫌がっても偶像化とか無敵伝説は回避できないよね。それにしてもこのひとの適切な降り時、と云うのはいったいいつだったんだろう。
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 7

かも ひろやす

ギネスブックは人命に関わる記録は扱わないと理解していたのですが、私の誤解だったようです。

by かも ひろやす (2011-12-18 19:03) 

pooh

> かも ひろやすさん

そんなルールがあったんですか。
うむむ。なんかもうだれも人間だと思ってないのかも。へんな神話性を帯びてきてるし。
by pooh (2011-12-18 22:26) 

技術開発者

こんにちは、かも ひろやす さん、 pooh さん。

>>ギネスブックは人命に関わる記録は扱わないと理解していたのですが

>そんなルールがあったんですか。

原則的に公序良俗に反する記録は扱わないということはあるようです。例えば、「何人殺した」とか「何軒空き巣を重ねた」とかを認定して、「よし、俺がその記録を抜いてやろう」なんてなると困りますからね(笑)。

そういう目でこの記録をみると、あくまで「暗殺を企てられた」記録なので、「よし、頑張って俺が抜いてやろう」は、なかなか難しいという事でセーフなのかも知れません。これが「暗殺を企てた」だと認定しないのじゃないでしょうか。

>それにしてもこのひとの適切な降り時、と云うのはいったいいつだったんだろう。

まあ、本人が死んでかなりの時間が流れないと、降りることはナインじゃないかな。


by 技術開発者 (2011-12-19 13:47) 

pooh

> 技術開発者さん

> 「よし、頑張って俺が抜いてやろう」は、なかなか難しい

なにをがんばれば抜けるのか、って話ですよね。そもそもどうがんばるのか。
いや、これを見てチャベスやモラレスががんばっても困りますけど。

> 本人が死んでかなりの時間が流れないと、降りることはナインじゃないかな。

ひょっとすると死んだらもう降りられない、と云うか死んでから改めて登板になるとか。
本人そんな人生いやなんでしょうけどねぇ。
by pooh (2011-12-19 20:51) 

pooh

http://www.yukawanet.com/archives/4050040.html

フィデルはいま85歳です(独裁者としても81歳まで国家元首でした)けどなにか。
by pooh (2011-12-21 16:54) 

技術開発者

こんにちは、 pooh さん。

http://www.yukawanet.com/archives/4050040.html

人は偶然に意味を見いださなくては気の済まない生き物ですからね。

無駄話だけど、北朝鮮の話より前から、「独裁と独裁者の死」みたいな事を考えていたのね。そんなに大きな話を考えていたんじゃなくて、なんていうか、みんなから「こんな面倒な話はあいつに押し付けてしまおう」というなんて仕事を何年にも渉って押し付けられ続けると、なんていうか、スゴク小さな規模だけど独裁体制みたいになるのね。

実は仕事場の一般公開なんてのの実行責任者を5年くらいやっているのだけど、年を追う事に独裁体制みたいに成っていく訳ね。まず、仕事場のみんなにとって「あまり気合いを入れてやる気にならない仕事」なのね。「大事な行事なのは分かっているよ。でもできるだけ本来の業務に支障がないくらいの労力にしてくれよ、忙しいんだから。やれと言われたらやるからさ。」なんて感じで、方針みたいなものを話し合う時間さえ惜しまれてしまうのね。いつの間にか、方針からなにから全部私が筋道付けて、いつの間にかほとんどのことを指示しているみたいになっていたのね。まあ、こっちも話し合うより、毎年の経験に基づいて指示して、みんなが動いてくれると言う方が楽なんだけどね(笑)。

でもって、昨年くらいからね。「このままで良いのかな」なんて事を考えはじめたのね。なんていうか「あいつに考えさせて、指示させれば、何事もなくこなせる」みたいな意識がすごく目立ち始めて、誰も何も考えなくなってきたのを強く感じるようになってしまったのでね。でもって、「そりゃあ、引退まではまだ時間はあるけど、明日にでもポックリいかないという保証はないんだぞ」なんて言い始めたのね(笑)。これは、結構、みんな考えてくれた。

でもね、その時にみんながまず言ったのは、「後継を作れよ」だったのね(笑)。それが、確かにみんなにとって一番楽な道なのね。今まで通りに指示に従っていれば、イベントがこなせる訳だからね。ただ、唯一のネックは、こんな面倒なことについての独裁者の後継なんて希望する馬鹿はいないというだけでね(笑)。

という訳で、ただいま、私の仕事場の一般公開については「民主化」に向けて、みんなが嫌がりながら進みつつある訳です(笑)。

by 技術開発者 (2011-12-22 08:40) 

pooh

> 技術開発者さん

いやまぁ、ロマンティックではあるんですよ。「ロックンローラーは27歳で死ぬ」とか。

> 独裁者の後継なんて希望する馬鹿はいない

こっちでも書きましたけど。
http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/2010-09-01

フィデルについては独裁者もマッチョも好きでやってたようには思えないんですよねぇ。でも例えばチェとかほかのメンバーにできたか、と云うと難しかったでしょうし。
後継に実弟のラウルが選ばれたのも王朝化じゃなくて、ラウルそのひとがシエラ・マエストラを生き延びた「コマンダンテ」である(ので国民に対していちばん訴求力のある人選である)と云うのが理由なわけで。そんなんでいいのか、と云うといいわけないんですけどね(たぶん本人たちがいちばんわかってるでしょうけど)。
by pooh (2011-12-22 09:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。