So-net無料ブログ作成

あらかじめ断ればなにを云ってもいいわけではない [みたもの、読んだもの]

呆れた。
まぁこのコラムのお題は「戯言戯画」と云うらしいけど、こう云うのってじっさいの内容がまさにそのまま、って場合にはアイロニイにもなにもならないんだよね。
せめてリンクの放送席ではもう少し血の通った解説ができないものか。
そりゃフジサンケイグループのフィギュアスケート担当アナウンサーは、こう云うポエムが感動を呼ぶ、とか思い込んでるくらいだからねぇ。一貫した報道姿勢、とでも申しましょうか。血の通った、と云うよりは、膿の溜まった、って感じだけど。
誰が見てもただの優勝ではなかった。
競技大会にただの優勝なんかあるわけないだろ。馬鹿にしてるのか。
私などは彼女が氷上に現れただけで、こみ上げるものがあった。
自分の安っぽい感情失禁を感動として一般化しないでよ。真央に拒絶されたポプラ社のやりくちと変わらないでしょ、山根聡さん。
ところが荒川解説者ときたら、「いいプログラムでした」とだけ。
運動選手に向かってそれ以上の褒め言葉があるものか。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

pooh

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120130/ent12013007370002-n1.htm

後日譚、だそうな。
なんだかよくわからないけど、結局自分の好みを「求められている空気」と決めつけて、解説者はその空気に従うべき、みたいなことを言い放ったことについての反省はないのね。
by pooh (2012-01-30 10:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。