So-net無料ブログ作成

星型エンジン [motorcycle]

ずいぶん前だけど、こっちのエントリのコメント欄でなぜだか星型エンジンで盛り上がったことがあって。で、そのときに「星型エンジンを積んだバイク」って馬鹿話にもなって。
で、そのときは単なる馬鹿話だったのだけれど、バイクと!と云うまとめサイトの変態だと思うバイクを挙げるスレってのを読んで、Megoraってバイクの存在を知った。

もう90年も昔のドイツ製のれっきとしたプロダクションバイク。星型5気筒エンジンをフロントホイールのハブ(スポークの内側)に搭載して、前輪を駆動する。なんじゃそりゃ。
エンジンかけるとこんな感じ。



まぁ前輪は回ってる。回ってるんだから接地させれば走ってくだろう。そりゃもう後輪を駆動するよりはよっぽどスムーズに走りだすでしょうよ。
でも、どう考えてもバネ下がくそ重い。なんか大きめのギャップとか拾って前輪さまが「こけるぞ」って決めたら、なにをどうやっても転倒は回避できない気がする(このへんの重量バランスの関係で、バイクってのは基本どれもこれもミッドシップなんだ、と思う)。いやその重たいものが駆動輪なんだからいくらか外乱には強かったりするのか。でもともかく前輪任せで、なにかしら積極的な入力でコントロールできる気がしない。

で、道ってのは曲がってる。道が曲がってると、バイクも曲がるしかない(アメリカのワンパーセンターには「道が曲がってたらおれがまっすぐにする」って手合いもいるそうだけど、ぼくを含めたバイク乗りの大半はその種のアウトローではない)。で、このバイクで曲がるためには、どうやっても「前輪を曲げる」しかない。
ぼくはスーパースポーツ乗りではないので、いわゆる「前輪に乗る」感覚はよくわからない。ぼくの感覚で云うと、バイクで曲がるための手順は、体重移動して後輪をリーンさせて、前輪は(感覚的には)セルフステアにみんな任せて、でもって後輪の接地点に体重をできるだけ乗せて旋回していく、って感じ。でもそれが全部できない。ってえかリーンさせて曲がるんだよなぁ。ハンドル切って曲がるんじゃないよなぁ。

リーンさせるとしたら、いちばん重たいものが駆動輪と一体化してるわけだからひどく立ちが強そう。関心空間のMegola (めごら)って記事によるとこのエンジンは駆動方向と逆方向に回転してるらしいからジャイロ効果はある程度抑制されるのかもしれないけど、でもまるっきりゼロじゃないだろうし。
それよりもなによりも、トラクションのかかる部分に加重する方法がない。比喩でもなんでもなくほんとうに「前輪に乗る」のか。それってハンドルを押さえつけるのか。なんかオートバイを走らせるためのぼくの乏しいノウハウがなにひとつ通用しなさそう。

いちおう走ってる動画もあった。でも、曲がってるシーンはない。謎だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。