So-net無料ブログ作成
検索選択

Adiós, Comandante [余談]

フィデル・カストロが死んだ。

「私は地獄に落ちるだろう」 世界を揺るがした革命家、フィデル・カストロが語った苦痛

人生の半分以上を暗殺者に狙われる日常のなかで過ごしながら、90歳まで生き永らえる。痛烈な皮肉のようにも見えるけれど、その皮肉は誰よりも彼自身に向けられているように思える。

神格化を徹底して拒み続けたまま、英雄として生き続けること。半世紀以上を(マチズモの文脈を踏まえたうえで)英雄としてふるまいつづけること。それがどんな人生なのか、まぁぼくなんかにはよくわからない。
はっきりしているのは、「生き続ける」ことで自ら一定の水準に食い止めてきた神格化・象徴化がより進むだろう、と云うこと。キューバ国内においてのみ、ではなく。それは、盟友チェとおなじ道だ。

いずれにせよキューバの今日は、この類を見ない個性のもたらしたものだ。それがこれから、より現実的で、より「汚い」(それでもやはり)英雄であるラウルのもとで、どのように変化していくのだろう。もちろんぼくなんかが「フィデルのキューバ」を想うことは、感傷以上のものではないのだけれど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。