So-net無料ブログ作成

遺憾です [余談]

月に20エントリは書こうと思っていたのだけど、無念です。
また来月。


タグ:ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スケートアメリカ(女子) [みたもの、読んだもの]

つれあいがフィギュアスケートマニアなので、結構つられて放送を見る。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台一高GJ! [よしなしごと]

特に意識している訳ではないのだが、学校を云々するようなエントリが多い。

続きを読む


タグ:雑談 仙台
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台の本屋(5)ジュンク堂書店仙台店 [近所・仙台]

そう云う訳で、多少手に入り辛いかもしれないを買いに、e-beansのジュンク堂に出掛けた。なんと云うか、「ここならあるかも」と云う期待を抱かせるところがある(しかし、双葉文庫なんて中島らも以外で初めて買ったかもしれない)。

続きを読む


タグ:本屋 仙台 近所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

まだ、おとなにならない (「ススキノ、ハーフボイルド」東 直己) [ひと/本]

ススキノ、ハーフボイルド

ススキノ、ハーフボイルド

  • 作者: 東 直己
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 文庫


と云う訳で、土曜の午後に買いにいって、今朝読み終わった。「駆けてきた少女」の裏面というか、こちらがサイドAって印象。

続きを読む


タグ:書評 東直己
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

おとなになるのだ (「駆けてきた少女」東 直己) [ひと/本]

駆けてきた少女―ススキノ探偵シリーズ

駆けてきた少女―ススキノ探偵シリーズ

  • 作者: 東 直己
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 文庫


いったい東直己は何を書きたいのだ。
名無しの「俺」はやくたいもないことばかりぐだぐだ並べているし。

続きを読む


タグ:書評 東直己
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

GONZO [余談]

いちおう、ネット絡みの業界の片隅にいる。
というわけで、このブログはゴンゾー・マーケティング・リサーチの実践、という側面もあります。

とは云え、好きなことしか書けないのだけれど。
あんまり気にしないでね。


タグ:雑談
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

用途 [ガムラン]

《バリ》バリのガムラン2~ガムラン・スマル・パグリンガン

《バリ》バリのガムラン2~ガムラン・スマル・パグリンガン

  • アーティスト: 民族音楽
  • 出版社/メーカー: Warner Music Japan =music=
  • 発売日: 2008/08/06
  • メディア: CD
ノンサッチのバリ音楽CDはいまのところ4枚が入手可能なようだ。
2枚持っているけれど、うちひとつがこれ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

わかりやすさとニセ科学 [世間]

続きもの、ってわけじゃないんだけど。
前回知人のブログにリンクを貼ってしまったので、ニセ科学を考える、って側面から少し思ったことを書いてみる。
(背景に「『水からの伝言』を授業で使う」と云うケースを置く)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

いかとん [近所・仙台]

と云う言葉があった。いまでもあるようだ。(1)
この辺で一番大きい国立大学の男子学生の垢抜けなさを揶揄して、「いかにも○○」だ、というふうに使う。

続きを読む


タグ:雑談 仙台
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「グローバリゼーション」 [あげあしとり]

アングロサクソンは強い。
なんたって身体がでかい。肉を喰ってる。信仰がある。
その信仰は、「一生懸命頑張って成果を上げるのは神の御心にかなう」と教えている。
だから、勝とうとすること(敗者を作ること)に躊躇がない。

続きを読む


タグ:雑談
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロックンロールだって勢いだけじゃないんだ (「サウンドトラック」古川 日出男) [ひと/本]

サウンドトラック〈上〉

サウンドトラック〈上〉

  • 作者: 古川 日出男
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫

サウンドトラック〈下〉

どこかしら散漫な印象の小説だったので、感想も散漫に。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「わかる」ということ [音楽あれこれ]

ブルガリアン・ヴォイス

ブルガリアン・ヴォイス

  • アーティスト: 民族音楽
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2001/07/18
  • メディア: CD


音楽を聴くのがどうして楽しいのか、について、ちゃんと説明した論考を読んだことがない。
いや、「いろんな論考を読んだけれど納得できたことがない」という訳じゃなくて、単に読んだことがないだけだけど。

続きを読む


タグ:音楽 表現
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

仙台の本屋(4)塩川書店五橋店 [近所・仙台]

普通の本屋。街中の路面店だ。
うちから最寄りの書店はここになる。

続きを読む


タグ:本屋 仙台
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

わかりやすさと王様たち [世間]

実際にものを作らない(完成物の生産に直接触れない)人間の仕事は、多くの部分がものごとを「わかりやすく」することに費やされる。本当はそのプロセスで「要素を集める」→「重みづけをする」→「並べ替えて文脈をつくる」といった作業をして、最後に「わかりやすくする」というのが来るのだけど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:日記・雑感

もうひとつ学んだ [余談]

うかつにアルファブロガーにトラックバックなんかするとアクセスが増える。
自分でたいしたことないな、とか思うようなエントリではトラックバックをするかどうかちゃんと考えるべきかも。
辿って来たひとにがっかりされると申し訳ない。


タグ:ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

背筋を伸ばして、悠然と (「家守綺譚」梨木 香歩) [ひと/本]

家守綺譚

家守綺譚

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫


可笑しい。本当に。
この真面目さ加減と、角がなくて当たりが柔らかいけれど猛烈な可笑しさ。誰かに似ている。
ぼくは百鬼園先生を連想した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

成熟はしても、完成はしない [よしなしごと]

何となくこのアルバムに入っている「天使たちのシーン」を連想した。
しかしなんで小沢はアルバムタイトルを変えたんだろう。

続きを読む


タグ:ネット

仙台の本屋(番外)八重洲書房 [近所・仙台]

本屋の話を書いているのでどうしても八重洲書房が登場してしまう。

続きを読む


タグ:本屋 仙台
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台の本屋(3)宝文堂本店 [近所・仙台]

本屋の個性と云うのは、どこで出てくるんだろう。
おそらくどこの本屋も置いてある商品の半数以上は同じものなのだろうと思う。数の出る本はどの本屋でも変わらないだろうから、商売である以上それらに重点を置くのは当然のことだろう。

続きを読む


タグ:本屋 仙台
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

あり得たはず、の虚構 (「夜のピクニック」恩田 陸) [ひと/本]

夜のピクニック

夜のピクニック

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫


学校生活と云うのはそれだけでファンタジーで。
そこに所属していていつも顔を合わせる同世代のメンバー。その空間でしか通じない美意識とルール、その中で一人前の顔をして夜郎自大になっていて、でも未成熟でいつも不安を抱いている青少年。そして、最初から制度化されているエンディング。
ある意味、とても便利だ。

続きを読む


タグ:書評 恩田陸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

老舗、なのだが [ガムラン]

栄光のバリ・ガムラン グヌン・サリのゴン・クビヤール

栄光のバリ・ガムラン グヌン・サリのゴン・クビヤール

  • アーティスト: World Music Librarie, グヌン・サリ, 民族音楽
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1999/08/06
  • メディア: CD


バリには一昨年に一度だけ行ったのだけど、ウブドには行かなかった。
何しろ3泊5日の手短な旅行だった。まぁ島全体が観光地とはいえ街中うろうろ好きのおいらとしては、時間的にホテルのあるレギャンからスミニャック辺りをうだうだ歩くのが精一杯で(疲れそうなのでクタ方面には向かわなかった。既に若くないな)、ウブドまで足を伸ばす時間が取れなかったのだった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。