So-net無料ブログ作成
検索選択

打楽器 [ガムラン]

久しぶりにガムランのCDを新規入手。

轟鳴と炸裂のガムラン

轟鳴と炸裂のガムラン

いや、ただ単にCDを買えるだけのおこづかいがなかなか貯まらなかった、ってだけなんですけどね。

続きを読む


面倒 [余談]

ここがSo-net Blogなのは、ただ単にぼくが長年のSo-netユーザだから、と云うだけなんだけど。
ここってタグが使えるのはいいけど、それを支援する仕組みが何もないんだよなぁ。商売がウェブ絡みとはいえコーダーのスキルのない人間からすると、タグの手打ちが結構面倒。引っ越そうかなぁ。


タグ:ブログ

関係性・文脈 [世間]

「水からの伝言」絡みでここのところあれこれ吠えているけれど、美術をお仕事にしていらっしゃる方のエントリを見つけたのでリンクさせていただく。

続きを読む


構造主義言語学による「お水さま」論考序説 [余談]

「水からの伝言」は、美しい言葉が美しい水の結晶(=氷)を生み出すという内容だ。
だから実際は、物理学的側面=水が結晶する原理だけじゃなくて、言語学的側面=水に影響を及ぼす美しい言葉とは何か、という角度での検証が必要になる。

続きを読む


でもやっぱり、そこは戦場なんだ [よしなしごと]

このエントリを読んで、少し考えた。
どちらも、経験者なので。

続きを読む


タグ:雑談

どうとくきょういく [よしなしごと]

kikulogでも話題に出ていた「インテークマジック」を紹介している教材を見つけてしまった。
なんと云おうかなぁ。なんかこんなふうにばしばし特定の商品を授業の引き合いに出すのってありなんだろうか。学校の先生もたいへんなんだろうけど。


もっと賢く [よしなしごと]

この辺とかこの辺とかで、少しいじめ問題に触れた。で、結構ストレートに「報復しろ」と書いた。そしたら、呉智英のこんなエントリを読んでしまった。
なんと云うか、よくも悪くも「さすが呉智英」ではある。ただ、単純には賛同しかねるのだ。

続きを読む


タグ:雑談

ニセ科学と人文科学系戦略 [余談]

こんなことを書いていたら、対ニセ科学戦略を考察しておられる中国文学者の方のページを見つけた
そう、事は「世界を理解するためのメソッドとツールとスタンス」全体にわたる問題なのだ。

続きを読む


仙台の本屋(番外2)Amazon [近所・仙台]

いや、もちろんAmazonは仙台の本屋じゃないし、うちの近所にあるわけでもない。
と云うか、少し考えてしまったのだ。

続きを読む


「癒し」? [ガムラン]

なんか世の中には「バリのガムランを聞いて癒される」タイプの方々が数多くいらっしゃる。

YOGA/ヨガ・ヒーリングCD ~Degung Sabilulungan(ドゥグン サビルルンガン)

YOGA/ヨガ・ヒーリングCD ~Degung Sabilulungan(ドゥグン サビルルンガン)


そういう方々が云っているガムランは、多分このあたり。バリ雑貨屋に行くとかかっている(日本だけじゃなくて、実際にバリでもお店のBGMとしてかかっている)。でもこれ、バリのガムランじゃないのだ。

続きを読む


「曖昧さ」を利用すること [世間]

ソシュールと言語学

ソシュールと言語学


少し前に買ったのだが、やっと読んだ。ちょっとした職業上の課題について、安直に示唆を得ようとしたのが買った目的。多分まとめて一気に読まないと目的を果たせないと思ったので、その時間が取れるタイミングを待っていたのだ。
結論として、投資額程度の示唆は得られた(新書一冊の値段で偉そうに云うな、と云う気もするが、これでも昼食を抜いて本を買ったりしているのだ)。まぁ、本来の目的については仕事が絡むので言及を避けておくけど、ついでに自分についてちょっとしたことが分かった。
どうしてぼくが「水からの伝言」についてこんなに不快感を抱くのか、だ。

続きを読む


タグ:ニセ科学

言葉の有効範囲 [世間]

紋切型辞典

紋切型辞典

  • 作者: 山田 ジャク, G.フローベール
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


言葉は、何かを伝えるためのツールだ。当たり前だけど。
だから当然、使い方が難しい。

続きを読む


仙台の本屋(6)ジュンク堂仙台ロフト店 [近所・仙台]

その昔、仙台駅西口一帯には、地場資本の本屋がとても沢山あった。協同書店、ブックスオオトリ、アイエ書店、そしてもちろん八重洲書房。
残念と云うか、悔しいと云うか、これらはいまはどれもない。

続きを読む


関西のおっさん [あげあしとり]

こういうの大阪辺りには結構いるような。
いや、おいらも柄の悪い神戸っこですが。

続きを読む


ユリノキ [近所・仙台]

うちの前の通りのユリノキ並木が、紅葉している。何日か前までは少しずつ黄色くなっている感じだったのだが、さっき見たら気の早い奴はあたまのてっぺんを赤くしていた。
この道は400年前には奥州街道で、60年前にはChicago Streetだったらしい。

続きを読む


タグ:地域 仙台

フォクすけ [余談]

前にも書いたけれど、最初に買ったコンピュータMacintosh Performa 6310。

デスクトップ筐体に別体のモニタ、当時最先端の28.8kbpsモデム、バンドルされているブラウザはNetscapeNavigator1.1。

続きを読む


タグ:ネット 雑談

偽善 [あげあしとり]

「しない善より、する偽善」。
2ちゃんねる界隈でよく使われる言葉だ。本当かどうか知らないがひろゆきの言葉らしい。

続きを読む


タグ:ネット 雑談

メディアを使った「反ニセ科学」 [世間]

田崎教授の「『水からの伝言』を信じないでください」という文書がブロゴスフィアの結構コアな辺りで話題になっている。
まぁ、ぼくは結構以前から菊池教授のブログも見ていたので、いまさら、とは思わないまでも「いま始まった話じゃないのになぁ」とかは感じたりするけど。

続きを読む


タグ:ニセ科学

速度感 [ガムラン]

スマララティ ゴン・スマラ・ダナ
"Semara Ratih" Gamelan Semara Dana
珍しく日本盤じゃないCD。
アマゾンにもないので、売ってるネットショップをリンクしてみました。

続きを読む


「普通」と「自信」 [あげあしとり]

このエントリの続きと云うことになるのか。
いじめる子供といじめられる子供を分けるのは、結局その子供の自信のありどころの違いだと云う気がする。と云うか、自信と云うものの意味の違いか。

続きを読む


タグ:雑談

温度差 [世間]

ニセ科学絡みで、こんなエントリを書いたりした。その後で、田崎教授のこんな文書が公開された。

続きを読む


タグ:ニセ科学

「いじめ」と「普通」 [あげあしとり]

いじめられることは、自分の周りの環境と対決することだ。つまりは、それはいじめられる方からすると戦いだ。
旗色が絶望的に悪くなって、どんな活路も見出せないような戦いで、死を選ぶ。別段、なんの不思議もないのじゃなかろうか。

続きを読む


タグ:雑談

泡盛 [余談]

酒を水で割って呑む習慣がない。
自分の意思で酒を呑むようになった、ええと、いつだっけ、ともかくその最初からそう云う習慣がない。

続きを読む


タグ: 雑談

祝日 [近所・仙台]

なぜだか4時くらいに目が覚める。煙草を1本吸って、30分くらい本を読んで二度寝する。

続きを読む


タグ:仙台

いまでも、動いている (「グーグル・アマゾン化する社会」森 健) [ひと/本]

グーグル・アマゾン化する社会

グーグル・アマゾン化する社会


もともと、いま目の前で繰り広げられている事象をテーマにした本はあまり読まなかった。風化が明らかに予測されるものに対して手を出したくない、という貧乏人根性からなのだが。

続きを読む


タグ:ネット 書評

カタカナ書き [よしなしごと]

少し前に、フィギュアスケート関連のエントリを書いた。
書いた後でちょっと気になったので、テクノラティなんかで少し関連したブログを覗いてみたりした。

続きを読む


タグ:雑談 表現

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。