So-net無料ブログ作成
ガムラン ブログトップ
- | 次の15件

音楽的知性 [ガムラン]

実はこのグループに触れるのは少しおっかない。ので、少し先延ばしにしていた。

燦然と神秘のガムラン

燦然と神秘のガムラン

  • アーティスト: 民族音楽, ヤマ・サリ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2000/08/02
  • メディア: CD

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

抽出 [ガムラン]

このアルバムは、以前こちらのエントリで取り上げたスマラ・ラティの日本におけるレコーディング。

ガムラン変幻

ガムラン変幻

  • アーティスト: 民族音楽, スマラ・ラティ歌舞団
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2000/08/02
  • メディア: CD


そちらのエントリで取り上げたアルバムもそうだが、こちらはそれにも増して明解なレコーディングになっている。重複するのは1曲だけで、あとは別のラインアップだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

打楽器 [ガムラン]

久しぶりにガムランのCDを新規入手。

轟鳴と炸裂のガムラン

轟鳴と炸裂のガムラン

  • アーティスト: 民族音楽, テジャクラ村のガムラングループ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2000/08/02
  • メディア: CD

いや、ただ単にCDを買えるだけのおこづかいがなかなか貯まらなかった、ってだけなんですけどね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

「癒し」? [ガムラン]

なんか世の中には「バリのガムランを聞いて癒される」タイプの方々が数多くいらっしゃる。

YOGA/ヨガ・ヒーリングCD ~Degung Sabilulungan(ドゥグン サビルルンガン)

YOGA/ヨガ・ヒーリングCD ~Degung Sabilulungan(ドゥグン サビルルンガン)

  • アーティスト: SUARA PARAHIANGAN GROUP(スアラ・パラヒアンガン)
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2006/01/13
  • メディア: CD


そういう方々が云っているガムランは、多分このあたり。バリ雑貨屋に行くとかかっている(日本だけじゃなくて、実際にバリでもお店のBGMとしてかかっている)。でもこれ、バリのガムランじゃないのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

速度感 [ガムラン]

スマララティ ゴン・スマラ・ダナ
"Semara Ratih" Gamelan Semara Dana
珍しく日本盤じゃないCD。
アマゾンにもないので、売ってるネットショップをリンクしてみました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

用途 [ガムラン]

《バリ》バリのガムラン2~ガムラン・スマル・パグリンガン

《バリ》バリのガムラン2~ガムラン・スマル・パグリンガン

  • アーティスト: 民族音楽
  • 出版社/メーカー: Warner Music Japan =music=
  • 発売日: 2008/08/06
  • メディア: CD
ノンサッチのバリ音楽CDはいまのところ4枚が入手可能なようだ。
2枚持っているけれど、うちひとつがこれ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

老舗、なのだが [ガムラン]

栄光のバリ・ガムラン グヌン・サリのゴン・クビヤール

栄光のバリ・ガムラン グヌン・サリのゴン・クビヤール

  • アーティスト: World Music Librarie, グヌン・サリ, 民族音楽
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1999/08/06
  • メディア: CD


バリには一昨年に一度だけ行ったのだけど、ウブドには行かなかった。
何しろ3泊5日の手短な旅行だった。まぁ島全体が観光地とはいえ街中うろうろ好きのおいらとしては、時間的にホテルのあるレギャンからスミニャック辺りをうだうだ歩くのが精一杯で(疲れそうなのでクタ方面には向かわなかった。既に若くないな)、ウブドまで足を伸ばす時間が取れなかったのだった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

「甘やかさ」という形容詞 [ガムラン]

耽美と陶酔のガムラン

耽美と陶酔のガムラン

  • アーティスト: 民族音楽, マンダラ・ジャティ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2000/08/02
  • メディア: CD


バリガムランの典型的な2スタイル、ゴン・クビャールとスマル・プグリンガンの大きな相違は楽器の編成の相違にあるようだ。乏しい知識の中で、とりあえずそう理解している。とはいえ、厳密には楽団によって構成する楽器はそれぞれ違うようではある。あとはよく音階の違いが指摘されるが、正直あまりそこまで理解しながら聴いてはいない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:音楽

ゴン・クビャール [ガムラン]

音の世界遺産 バリのガムラン

音の世界遺産 バリのガムラン

  • アーティスト: 民族音楽, エカ・チタ青年団
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1999/08/06
  • メディア: CD


ガムランってのはどうやら、現役のポップミュージックらしい。
で、ここ数十年の主流になっているスタイルを、ゴン・クビャールと呼ぶらしい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

最初に買った「ガムランのCD」 [ガムラン]

幻想と瞑想のガムラン

幻想と瞑想のガムラン

  • アーティスト: 民族音楽, クランビタン村のテクテカン仲間
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1990/03/21
  • メディア: CD


と云う訳で最初に買ったのはティルタ・サリの「幻視と瞑想のガムラン」ってタイトルのCDだった。スネークマンショーで聴いてから10年以上経ってたのかな。なんかamazonにちゃんと在庫がないようで、画像が表示できないかも(なんか楽団名もおかしいみたい)。JVC World Soundシリーズで、最近少し値段を下げて再販されてるほうには選ばれてないみたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

スネークマンショーを出したのだが [ガムラン]

Resonance Meditation~共鳴瞑想 バリ島ガムランの奇跡1

Resonance Meditation~共鳴瞑想 バリ島ガムランの奇跡1

  • アーティスト: 民族音楽, ゴング・グラダグ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2000/07/26
  • メディア: CD


細野晴臣ってひとは実はよく分からないのだが、YMOのエスニック部門(今はエスニック音楽とは云わないが、当時はそう云っていた)の担当だったりしたのだろうか。結構そう云う種類のコンピレーションとか作っているみたいだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

多分、最初は [ガムラン]

死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!

死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!

  • アーティスト: スネークマンショー, リップ・リグ&パニック, MELON
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2003/11/27
  • メディア: CD


スネークマンショーだったんだと思う。ガムラン、ってえのを意識して聴いたのは。
それでもって、その聴いたときの「もっていかれる感(これは友人の言葉だけど)」だけを猛烈に覚えていたんだろうな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

なぜバリに惹かれたんだろう [ガムラン]

バリ島の音楽

バリ島の音楽

  • アーティスト: オムニバス, ヤマサリ, グヌン・ジャティ, ティルタ・サリ, スカル・サンダット, スアル・アグン, スマラ・マドヤ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/03/09
  • メディア: CD


スピリチュアルなものに惹かれがちな自分の性向は自覚している。
だから、なんだかそう云うものを避ける傾向にある。心霊もののテレビ番組なんかは絶対に見ないし、その種のサイトを見ることもない。
落語家が駄洒落を極端に嫌悪するのと似たようなものか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
- | 次の15件 ガムラン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。