So-net無料ブログ作成

モーツァルト [世間]

なぜか、無生物に良い影響を与える音楽と云うとモーツァルトがいつも筆頭に上がる。
モーツァルトがあんまり道徳的な清い心の持ち主だったとも、万物に感謝しながら幸せな人生を送ったとも思えないんだけど。

天才かと云われれば、まぁ天才なんだろうな、と思う。でも、好き嫌いで云うとあんまり好きではない。クラシックはそんなに造詣がないし日常的に聴く訳でもないのだけど、どうせならベートーヴェンとかショパンみたいな、ろけんろーるの薫りがする(まぁどちらかと云うとかっこわるい)代物とか、あるいはフランス人の作曲家のものが好きだ。
モーツァルトは、なんと云うか、聴いていて嘲笑われているような気分になる事がある。だからうちにも2、3枚しか録音はないはずだ(その中にはホグウッドとエンシェント室内管弦楽団の交響曲40番なんて妙なものも混じっている。さっき見つけたので久しぶりに聴いてるけど、やっぱり変だ)。ともかく綺麗で、安らかになるけれど、でもそれはどこか馬鹿にされているような感覚も受ける。そりゃないだろぬけぬけとまぁ、みたいな。

モーツァルトが好きだ、と口にする人間には2種類会った事がある。ひとつはぶっとんだ感受性とそれを言語化する透徹した知性を持ったタイプ。もうひとつは、口にする言葉のほとんどが紋切型で構成されているような(まるで言語を大脳を介さずに、脊髄で扱う構造になっているような)タイプだ。前者についてはぼくは生まれてからひとりしか会った事がないが、後者については何十人か会った事がある。後者はどこか得意げに音楽の話を持ちかけてくるけれど、できるだけ「おいらみたいな野暮天に音楽の話なんざぁ分かりませんや」みたいな顔をしてスルーする事にしている(この種の人間に自分の好きなミュージシャンの話なんかすると、なんとなく汚れるような気がするから)。

などと考えると、お水さまを美しく結晶させるのにはモーツァルトがいい、と云うロジックは、非常によく考え抜かれているのが分かる。なにごともひたすらに表面的に捉える人間が戦略的なターゲットで、そう云う人間は美しい音楽と云うと(真面目に聴いた事もないくせに)モーツァルトだと思い込んでいる訳で。

さぁ、墓場でモーツァルトが嘲笑してるぞ。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 4

Jem

エントリたどって一年8ヶ月ほど遅れて到着。
ひとりしか会った事がないそのひとりって誰だろう。
by Jem (2007-10-04 16:02) 

pooh

> Jemさん

1年8ヶ月じゃなくて8か月前ですな。まだここは開設以来1年ちょっとなので。

「そのひとり」はJemさんの知らない方です。共通の知人じゃないです。

いるんですよ。(字義通り)破滅的な自堕落さと遊惰さを持ちながら、突出した知性と感受性で自分の人生を支えている、って奴が(結果的に差し引きけっこう平凡な人生を送っているのが、そいつに関しては味わい深い部分ですが)。
by pooh (2007-10-04 22:16) 

Jem

そういう方と「蔵粋」(くらしっく)の杯、傾けたいもんですね。
by Jem (2007-10-05 18:09) 

pooh

> Jemさん

彼についてのエピソードでいちばん呆れたのは、ビールに飽きて風呂上がりにシャンパンを呑んでいたらひと夏で破産した、ってやつです。間違いなく真の貴族的精神の発現なんですけど、優雅と馬鹿の境目から馬鹿の方に大きな一歩を踏み出しています。
by pooh (2007-10-05 23:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました

関連記事ほか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。